空転日記

「はばかりながら はばかる」 ぢっと手を見る

おフランスについて考える

フランスでは新型コロナの感染再拡大が深刻な状況となり、14日政府が非常事態宣言を出し、パリなどで夜間外出は禁止となる。仕事や急病などを除き、なんと違反者には罰金が科せれれるという。

前回の非常時事態宣言では申請すれば買い物などに行けたので、より強力な宣言となっている。日本では考えられない。夜コンビ二行ったらバッキンガム宮殿である。

なぜフランスではこんな強力な措置が取れるのか。フランスは革命のイメージから民主的な人権先進国というイメージがある。しかしこんなものは「アメリカは自由の国」「日本は神の国」「名古屋人はケチ」というのと同じくらいの程度のプロパガンダである。

いつ何時、国境線を越えて他国が攻め込んでくるのか分からないのである。2度の世界大戦の経験から、ヨーロッパ諸国は有事の際は強力な「国民国家」となる。民主主義だの人権だのは「国家があってこそ」なんである。

日本では同じことは出来ない。大東亜戦争の反省から国家権力の制限を前提としている現行憲法の改正が必要である。

フランス革命は民主主義の原点などというがどうか。王政への不満はあったにせよ国王を断頭台に引きずり出し首をはねるという血みどろのクーデターじゃん。ぜんぜん民主主義じゃないじゃん。最初はしかたなかったのよっていう感じ?

おまけに革命後、ロベスピエール一派による粛清が始まり新政府はあっけなく瓦解。あっという間にナポレオンによる帝政が始まり、その後ルイ王朝の後継者による王政復古が起きる。なんだったんだフランス革命

ヨーロッパ諸国は意外と後進的で強権的だ。
さほど学ぶべき点があるとは思えない。ヨーロッパから見れば日本は「ゆるゆる」の民主主義でなんとなく上手くいっている不思議の国。理解されないから誤解される。

よその国がどうであろうが基本的に関係ないのだが、やたらと外国を持ち上げる日本人が多くて鬱陶しい。相対的に日本の悪口を言いたいだけで、ある意味では日本の平和を証明しているのかもしれない。

左翼は敗退戦に備えよ

安倍政権から菅政権に代わった。
安倍政権下で左翼は劣化し、もはや白痴化したのではと思っている。

左翼の理想主義は安倍政権の現実主義に敗北した。要因の一つは左翼思想が学生運動あたりからアップデートされていないことである。

その学生運動にしても、エリートであった学生の青臭い反抗から始まり、大人に利用された結果、日米同盟を強固にするという残念な結果に終わっている。学生たちはことが済むと、あれだけ反抗した社会や資本主義の中に入り込み恩恵を受けながら、無政府共産主義とでも言うべき身勝手な思想を夢想し続け、「なんとなく左翼」として人生を送った。そんな思い出を回想し「政治の季節だった」とか「あの頃は熱かった」などと言い、必ず最近の若者は政治に無関心だと説教たれる世代も、そろそろ社会から引退した。が、その思想の残滓やそれを受け継ぐ組織は社会のあちこちに残っている。メディアや日本学術会議である。

もはや「なんとなく左翼」は正義ではなく、民意の支持もうすい。一部の左翼がSNSで騒ぐ声をメディアが拡声しているだけである。発足早々菅政権が日本学術会議に手を入れてきたのは、勝算があると踏んでいるからだ。

安倍ー菅政権は右翼ではなく現実主義であり経済政策はリベラルですらある。企業に賃上げを要求したり、コロナ対策にしても批判がでたら予算を組み替えて10万円給付したりしているではないか。もちろん政策や官邸のあり方などの問題点はど山ほどある。しかし大体の方向性は間違っていなかったのだ。もうGOTOキャンペーン自体への批判はないじゃないか。PCR検査に抑制的であったことは正しかったではないか。
安保法案や共謀罪のときも、散々騒いだが何も起きてはいない。

左翼は敵が見えていないオオカミ少年になってしまった。
リベラル現実主義である今の自民党政権と対するのに、敵は右翼で戦争万歳で帝国主義だと思っているのだ。そしてそんな政府はなくなってしまえと無政府共産主義に走るのである。時代や民意かみ合っていないのだ。SNSで観察する分には面白いが。
現実を見つめ総括すると自己矛盾を引き起こしてしまうので、現実から逃げている様に見えて仕方がない。

左翼の衰退は必至である。これから敗退戦を戦うのだ。

 

三浦半島の異臭騒ぎ 大地震の前兆?

地震発生の前兆現象として独特の形状をした雲が現れるという。
いわゆる地震雲である。かくいう私も地震雲研究家として観測を続けている。
たまに空を見上げ変な形の雲を見つけると「地震が発生する可能性が高い。あるいは低い」などと予測をし、心に留めている。
的中率はなかなかのものであるし、論文の一本でも書けばおそらく日本学術会議に推薦してもらえることうけあいなのだが、推薦してもらっても当然断る。時代の波には敏感なのだ。

あとキャトルミューティレーション研究も抜かりない。これは主に画像の分析と情報収集によって謎の解明に挑んでいる。最近はネットでググるだけなので格段に楽になった。

さて三浦半島の異臭騒ぎである。8月あたりから複数回「ゴムの焼けるようなにおい」が三浦半島の広範囲に発生している。三浦半島の先からだんだん北上し、先日は横浜で確認された。大地震の前兆現象として異臭が発生する、とよく言われるがこれはどうなのだろう。先日横浜で異臭が発生したときは、消防所や研究機関でサンプルが採取され分析されているという。

仮に地震の前兆として地下の地盤や岩盤がずれ動き、そこから地表にガスが上がってきたのだとすれば、発生源の北上はリアルに感じられる。地下の変化も同様に北上しているかもしれないからだ。異臭研究家ではないので無責任なことは言えないが、もし異臭の発生源が見当たらない場合、地震の前兆現象である可能性はないか。

仮に大地震の前兆の可能性ありと判断されたとして政府は国民に警告ができるのだろうか。危険エリアは神奈川、東京、千葉の広範囲に及ぶだろう。新型コロナによる深刻な経済的ダメージの中、さらに経済を冷え込ませる可能性がある。どうする学術会議。政府にちゃんと提言しなさいよ。

もちろん大地震なんて起きないことを祈るのみで、出来る範囲で災害に備えるしかできることはない。