空転日記

はばかりながら はばかる

テレビ局はつぶれる?

民放テレビ番組がつまらなくなったと言われるようになったのはいつからか。確かに制作費を抑えるため、ゴールデンタイムには似たりよったりの長いだけの番組ばかり。司会者は芸人ばかりでゲスト出演者は番宣を兼ねている。安いネタである天気情報は過剰で、ネット動画を何時間も流し続けランク付けをする番組すらある。しかも放送法や倫理規定などにがんじがらめにされて、刺激的な番組はつくれない。

とはいえ昔からテレビ番組はくだらないものだった。一億総白痴化などと言われていたし、ワイドショーはもっとえげつなかった。今ではありえないが、女性や子供の裸なんで当たり前。11PMすぎると大人のうっふんタイムだった。子どもは早く寝なさい。

人気は、芸能人の水泳運動会大会(ポロリもあるよ)とか、ドリフの(ちょっとだけよ)コントとか、PTAが激怒するような低俗な番組が多かった。麻原彰晃を人気者に仕立てたこともある。昔からまったくひどいものだった。でもおもしろかった。今はおもしろくない。忖度しているからだ。

人気を取り戻すためにはどうすればいいか。ここは放送法を改正して、公共性など無視できるようにして、マニアックに専門チャンネル化するといい。お天気、お色気、アニメ、小人プロレス、お笑いウルトラクイズ、などなど。政治ネタも思う存分偏向できるじゃないか。昭和専門チャンネルもいいかもしれない。膨大なアーカイブがあるだろうしコストもかからない。一定のファンがつくだろう。

ネットがあるからテレビなんていらない、そんな風潮を吹き飛ばし娯楽の王様に返り咲いてほしい。まだネットを使えない年寄りはたくさんいるのだ。