空転日記

はばかりながら はばかる

麻薬ってどこで売ってるの?

ミュージシャン・俳優のピエール瀧がコカインの使用で逮捕された。現在あまたの映像作品に出演する超売れっ子なので芸能テレビ業界にとっては大変な事態であるという。

少し前に強制性交の疑いで逮捕された新井浩文のときもそうだったが、過去現在に出演している作品が放送できなくなったり、出演シーンをカットされたりしている。

ピエール瀧もCMなども合わせると違約金が30億円などといわれている。そして何時もそうだが、「芋づる式に」交友関係のある芸能人が逮捕されるのではとささやかれる。

 

しかし不思議である。仮に僕が麻薬に興味を持ったとしても、どこに売ってるのだろう。新宿の歌舞伎町なんかもよく行くが、麻薬の購入を持ちかけられたことも、麻薬に関わったことのある人に会ったこともない。少し前なら合法ドラッグぐらいは買えたかもしれないが。

考えれば当然である。麻薬を取り扱っている反社会的勢力が素人に売るわけがない。売る方と買う方が持ちつ持たれつの関係を作り、お互いに裏切らない信頼関係を構築しなければならないし、顧客が一気に身を滅ぼさないよう麻薬の分量をコントロールし、継続して商売しようとするのだ。

したがって反社会的勢力が狙うのは政治家や企業経営者、スポーツ選手や芸能人となる。普通に生活している一般人には縁の遠い世界である。

 

ピエール瀧の逮捕にともない様々な意見が飛び交っている。「ドラッグは使った人間もある意味被害者だ」「出演した映像作品に罪はないので、お蔵入りさせてしまっては文化が廃れてしまう」など芸能界では擁護する意見が多い。なかには「きちんと反省して、麻薬から足を洗い更正すればよい」などと将来の復帰を匂わす意見すらある。どこかピントのずれたぬるい意見ばかりである。問題は反社会的勢力との交友関係なのに。

仮に普通の人が麻薬に手を出してしまったらどうなるだろうか。おそらく人生破滅である。会社は首になり芸能界のように復帰はできない。擁護してくれる人もいないだろう。麻薬で逮捕され復帰した芸能人は多い。芸能界はやはり甘い。

いっそ「芸能マスコミ界も反社会的勢力である」と開き直ってしまえばいい。そうすれば映画もドラマもCMも影響はない。

 

警察からマスコミにリークがあったのだろうが、ピエール瀧がコカインの吸引に韓国紙幣を使っていたそうだ。麻薬が朝鮮半島を経由して反社会的勢力の手に渡っているという話もある。その辺が絡んでいるのだろうか。平成も終わるしオリンピックもあるし潮目が変わったのかもしれない。

あとマスコミは麻薬のことを「ドラッグ」というのはおやめなさい。罪の意識を軽減させようとしているなら誰のためか。そもそもドラッグストアが迷惑だ。