空転日記

「はばかりながら はばかる」 ぢっと手を見る

コロナ報道とコメンテーター

新型コロナの影響で在宅勤務となったのでテレビ朝日の「モーニングショー」をよく見るようになった。はなからワイドショーなんてインチキだと思っているが、その程度はいかほどか確認してみようと思ったのだ。

 

基本的路線として「モーニングショー」は危機を煽り、政府対応を批判し、安倍政権のイメージダウンを狙っていた。テレビ朝日なので反安倍政権は当然であるし政府のやり方はよくなかった部分もある。しかし少々やりすぎたように思う。ここまで安倍政権批判一辺倒だとさすがに見ていて飽きてくるのである。

 

他国の芝は全て青いという感じで、韓国を見習え、中国を見習え、ドイツを見習えと他国の対応の素晴らしさを押し付けてくる。しかし結果的に日本の対応は問題なかったし他国はうまくいっていない。

 

「コロナの女王」と言われるようになった岡田晴恵さんが出演し、終始上から目線で政府の対応に物申している。当初はどの程度の規模の混乱を巻き起こすのかわからない状況で彼女の物言いは感情に訴え視聴者に受けたのではないかとは思う。

ずっと言い続けてきたのがPCR検査の拡大である。しかし精度に問題のあるPCR検査を大規模にやると混乱が予想されたし、医療の崩壊も招きかねない。

結果クラスターが発生した箇所を重点的にPCR検査して潰してゆくという日本政府のやり方が合理的ではなかったのか。

岡田氏の発言で驚いたのは「紫外線でコロナウィルスは死にます」である。夏の高校野球の甲子園大会が中止になった話題の時の発言である。発言は「だから甲子園はできます」と続く。

甲子園はテレビ朝日の親分朝日新聞が主催しているのだから忖度した発言なのである。

健康や命に関することを伝えているのに、それでは研究者として終わりである。だめだこりゃ。

実際次の放送では紫外線で全てのウィルスが死ぬわけではないと、謝りもせず、やんわり修正していた。

番組ではPCR検査は「医療ではなく社会政策」として行うべきだという理論まで飛び出した。これでは宗教である。

 

コメンテーターの玉川氏は岡田さんの主張に常に同調していた。玉川氏はテレビ朝日の社員なのだからその主張はテレビ朝日の公式見解となるはずだ。そのくせ「僕はこう思うんですけど」という。これは汚いなあ。

事実誤認があり玉川氏が番組冒頭に謝罪するということがあった。当然だが一社員の不祥事ならテレビ朝日の社長が謝らなければならない。一般企業ならそれが求められる。

 

ただ玉川氏も気の毒だなあと思うのだ。

事実をそのまま伝えても面白くない。かといってテレビ局が極端にも偏った事は言えない。だから高感度の高い芸能人などにコメンテーターをやらせて替わりに語らせるのである。問題発言があっても個人の意見ですからと逃げられるのだ。

玉川氏はテレビ局が自前で用意した身代わりなのである。可哀想な立場ではある。

 

インターネットに替わられテレビ報道ワイドショーを鵜呑みにする人はどんどん減っている。花火と同じで消える直前に最も光っているのが今なのではないか。

テレビはだいぶ衰退してきたが、今回のコロナ禍によるスポンサー離れで本格的に終わりが見えてきたようだ。