空転日記

「はばかりながら はばかる」 ぢっと手を見る

都知事選はいかない

都知事選が告示された。

二期目を狙う小池百合子、れいわの山本太郎、のりこえねっとの宇都宮健児。そしてなぜか維新から熊本県の元副知事が立候補している。めぼしい候補はこれくらいか。あとはパフォーマンスか思い出作りの類である。

投票したい候補者はいない。

国政を目指していた山本太郎が都知事に立候補する時点で批判は避けられない。コロナ禍でも全く存在感のなかったれいわ新撰組は危機的状態にあるのではないか。立候補して注目を浴び党の立て直しと資金集めがしたいのだろう。

のりこえねっとの宇都宮健児は韓国贔屓で、当選したら都庁前に慰安婦像を置き在日韓国人の人権擁護に奔走するだろう。熊本の元副知事はなぜ東京に?くまモンの方が良かった。

 

小池百合子は選挙の公約も守らずパフォーマンスが過ぎる。コロナで多少評価されたが対応は遅すぎる。とはいえ小池百合子には評価できる点がある。

それは何もしなかった事である。東京都は役人が動かしている。それで特に問題はない。都知事が指導力なんぞ発揮するとうまくいかない。

トップは何もせず飾りでいいのである。そしてこのままなら小池百合子が当選する。それでいい。そのような消極的な理由で小池百合子に一票を入れる気にはならない。

今回の都知事選は棄権しようと思う。