空転日記

「はばかりながら はばかる」 ぢっと手を見る

オリンピックができないということは

日本では菅政権が誕生し新型コロナについては収まってきた。感染拡大が、ではない。マスコミの報道がである。

マスコミは政府や専門家会議の対応をやることなすこと批判し、PCR検査の拡充を求め、感染爆発を煽る専門家の意見を垂れ流してきた。
「コロナ疲れ」は、在宅でテレビを見る時間が増えマスコミのコロナ報道に触れる時間が長かったことが原因である。

そのメディアのコロナ報道は安倍政権の退陣で収束した。コロナの女王岡田晴恵も収束した。つまり、安倍政権批判が目的だったといわざるを得ない。結果メディアに対する不信感は高まっただけである。

来年のオリンピックはどうなるだろう。ホスト国である日本は、結果的にコロナ対策はある程度の成功し、大規模スポーツイベントの開催も模索が始まっている。参加選手を絞ったり、競技によっては無観客で行うなどの手はあるだろう。
僕はそんなにスポーツ好きではない。シンクロナイズドスイミング(今はアーティスティックなんとか)なんかは、何かの冗談だと思っているし、近代五種なんて罰ゲームにしか見えない。とはいえ開催できると良いなと考える。

オリンピックが開催できないということは、来年になっても世界は正常化しないわけで、そうなると世界経済は完全に終わってね?
日本で出来ないなら世界のどこでも出来ない。ニュージーランドやハワイなどはコロナは押さえ込めているが、経済は大打撃である。観光客こないんだもん。中止を主張する人たちはそれでいいの?

オリンピックが開催ができれば、ある程度の国際交流が復活し経済も回復してゆける。「世界の安寧のためにオリンピックできるといいね」と思うのだが、そんなこというと「自民党支持」だの「ネトウヨ」だのレッテル貼られちゃう。

おかしいぞ。