射手座の魂

はばかりながら はばかる

ガンダムを全部見た Zガンダムも全部見た

 U-NEXTで「機動戦士ガンダム」を全話観た。いわゆるファーストガンダムである。
子供の頃に再放送をテレビで見たのだが、当然ビデオデッキもなく、全話観てはいない。なんとなく筋は知っているぐらいであった。

作画が良くないとか設定がおかしいとか後年になって出てくる評価は聞こえてくるので、あまり期待していなかったのが、非常に良かった

宇宙戦争やスペースノイドと地球人の葛藤、人類の進化形であるニュータイプの出現を丁寧に描く良質なSF作品であり、名作と言われるのもむべなるかなという感じである。

主人公のアムロからして優柔不断で煮え切らない元祖「碇シンジ」であり感情移入しにくいが、群像劇なので気にならない。その代わり敵味方関係なくカッコいいオッサンがたくさん出てくる。ランバラルに印象的な台詞がある。

「自分が手柄をあげれば部下の生活の安定につながる」なんといういい上司だ。そして、いつかは部下を宇宙に帰してやれるというのである。見上げた中間管理職である。上司にしたいキャラ上位であろう。手榴弾で自爆するけど

そうかランバラル隊は宇宙からホワイトベース掃討のためにはるばる地球に派遣されていたのだ。すっかり砂漠になじんだ土着地球人っぽいので。考えれば宇宙にいたセイラと面識があったわけで、その辺も今見ると腑に落ちる。

残念作画も多々あるが、後半は作画迫力があり戦闘のスピード感もちょうどいい。子供の頃見逃していて悔しい思いをした部分も今回補完できて満足であった。ア・バオア・クーでの戦闘はおわり、こんなにうれしいことはないとその勢いのままZガンダム視聴へ。

えーとなんか頭のおかしいエキセントリックな人ばかり出てくるんですけど。モビルスーツはカッコいいのだろうが、戦闘での見せ場も少ない。前作で出てきたニュータイプは当たり前になり、こんどは「強化人間」である。戦いの最中にしゃべりっぱなし。みんなどっかおかしい。

それにやたら「モビルスーツ勝手に操縦してやらかす事件」多すぎ。前作からそれはあった。セイラがガンダム勝手に操縦したり、アムロがガンダムでホワイトベースからスタコラサッサしたり。それがZガンダムではいくらなんでも多すぎる。

モビルスーツの操縦席に鍵つけてちゃんと管理しろよ。ブライト。

正直登場人物たちの行動や言動についてゆけなかったが、なんとか完走しました。Zガンダム。あ、カイ・シデンは良かった。