射手座の魂

はばかりながら はばかる ほとんど独り言です

ペットを飼う(妄想で)

猫が飼いたい。

犬か猫かと言われれば断然猫である。犬は本能だけで動いているようでバカっぽい。猫のほうが賢そうだ。ほっといてもいいし散歩しなくていいので、手間もかからないだろう。

何しろ猫はかわいいし、モフモフ動画はずっと見ていられる。

しかし実際猫を飼うのは金もかかるし、しつけも面倒だ。

そこで妄想内で飼うことにした。
アメリカンショートヘアーの雌猫、名前はジョン。大きさは犬くらいとしておく。名前も設定も自由に変更可能だ。

猫との生活は良いものだ。愛猫は「あいびょう」と読むと知り、ひとつ利口にもなった。

夜、寝ているとゴロゴロと喉を鳴らしながら、布団に入ってくる。なんとも愛らしく、至福の時間である。

ジョンはなかなかのグルメなので、キャットフードを高級品にかえろなどと言ってくる。よろしいとお望みどおりに最高級のキャットフードにかえてやった。妄想内なのでタダである。

妄想猫のコスパは高く、クオリティオブライフも上がりまくりである。多頭飼育だってへっちゃらである。

ところが飼い始めて4日目。ボブはみるみる育ちライオンほどの大きさになってしまった。目つきも鋭くなり、鋭い角が生えてきた。その角で一突きされたらたまらない。

仕方がないのでダンボールに入れて捨ててきた。妄想内とはいえ罪の意識に苛まれまくりである。いい人に拾われろよ。

いかんせん妄想ペットでは飼い主としての責任を自覚し難い。

やはりペットを飼うならリアルがいいと思います。

豚なんかも良いかもしれない。最近流行っていると聞くし。 

散歩の途中で「ここ掘れブーブー」とトリュフとか見つけてくれたら嬉しいかもである。

そうだトリュフ豚がいい。