射手座の魂

はばかりながら はばかる 虚言・妄言・独り言を少々たしなみます

「ダメ人間マエダ」の終活(後編)の感想 ダメ人間VS良識

さてザ・ノンフィクション「人生の終わりの過ごし方『ダメ人間マエダ』の終活」の後編の感想である。

前編についてはこちら。

www.koketumarobitu.com

2020年の大晦日、なんとか年は越せたが余命宣告を受けているマエダ、癌は内臓まで転移していた。2021年が始まると在宅介護用のベットが自宅に運ばれ、終末期医療用のホスピス探しを始める。

足の痛みに耐え切れず座り込むマエダを、ただカメラは追いつづける。何も出来ないテレビスタッフに対し、「何もしなくていい」と言い放つ。「なにもできないから」と。

母親に介護され最後の時を過ごすが確実に死は近づいてくる。
最後の数週間はテレビ取材は出来なかったのだろう。

明け方にマエダはツイッターに書き込む。
にか何か下さい何か下さいこわいこわいこわい
明らかに恐怖に怯えている。

それに反応した先輩ライターがラインで反応してくれる。そのときのマエダの言葉。
入眠(?)する時にぞくぞくきて魂を持っていかれるような感覚になって、それが死ぬんじゃないかって思っちゃうところです

ぞっとする言葉である。見ているこちらもぞくそくする。

そして2021年5月8日、ダメ人間マエダは死んだ。
最後にツイッターで発した言葉は「ありがとう」であった。

マエダが死んだあと、残された母親のもとにかつての仕事仲間が集まり、酒を飲みながらマエダの思い出話に花を咲かせていた。母親からすればみんな息子のようなものだろう。そのときにお母さんががしっかりしていたのが救いだ。もちろん実際の心の中は当人にしか分からないが。

前編の放送後に様々な反響があったという。

「なんだかんだいって、良い友達と情熱を注げる仕事に恵まれ幸せな人生じゃないか、ゆえにマエダはダメ人間ではない」という趣旨の意見が多かった。これはダメ人間マエダのアイデンティティ全否定ではないか。ダメ人間に対して失礼極まりない。

一方でコロナ禍でみんな自粛しているなか、旅行に行ったり、好きなものを食いに行ったり、集まって酒を飲む振る舞いを、自粛警察よろしく批判する「良識的な」意見。これですよこれ。

ダメ人間を輝かせるのは世の中の薄っぺらい良識である。尚且つ、まさに命懸けのダメ人間ぶりは良識を吹き飛ばす。

どうせあの世でもパチスロ(あの世にあれば)やって酒(あの世にあれば)飲んで、楽しくやってるんだろう、このダメ人間めと言ってやるのが1番ではないか。