空転日記

「はばかりながら はばかる」 ぢっと手を見る

痛風になりたくないので薬を飲んだら痛風になった

令和元年12月、痛風になった。幸い痛みはそれほどではなかった。なんとか歩けるので仕事もこなせた。痛みは3週間ほどでなくなり、左足指の違和感はひと月ほどでなくなった。尿酸値も順調に下がっているので一安心。

納得できないのは、予防のため薬を飲んだら発作が出たことである。

 

20代から尿酸値が高く、健康診断のたびに「痛風になるから医者に行け」と言われた。

自分なりに体質改善をしたこともある。

プリン体が多いとされるピールをやめ焼酎しか飲まないようにしたり、カロリーの低い食事を心がけたり。完全に断酒したこともある。

半年断酒して臨んだ健康診断で尿酸値が上がっていた時はもう笑うしかない。

結論として、飲食物や生活習慣関係なくね?という思いに至るわけです。最近の研究では、尿酸は新陳代謝に伴う「排気ガス」のようなもので、自らの体で作り出される量は、飲食物から摂取するプリン体由来よりはるかに多いとのこと。つまり何してもだめ。

 

あきらめて病院にいって血液検査。尿酸値8.5を叩き出す。いつ発作が起きてもおかしくないと医者に言われ投薬治療を開始した。

薬を飲んで1日目、おや左足の親指に違和感が。そしてすぐに痛み始めた。

一般的に言われているほどの痛みではないにせよ、なかなか辛かった。

病院で聞いたところ、薬を飲んで急激に尿酸値が変動すると発作が起きることがあるらしい。

大した痛みじゃなくてよかったねガハハ、とのこと。

先に言ってよ!