空転日記

「はばかりながら はばかる」 ぢっと手を見る

PCR検査すればオリンピックはできるよね?

2度目の緊急事態宣言が出た。
すっかり「コロナ慣れ」してしまったこともあり切迫感はない。仕事もリモートワークが板についてきたし食事は基本自炊なので何も変わらない。危機を煽るワイドショーを見なければ我が家は平和そのものである。

日本の不幸はコロナ報道が政権批判と一体化してしまうこと。政府が行うことはすべて後手後手で間違っていて無為無策だと騒ぐメディアに感化されしまった。
知人で熱く政府を批判するヤツが結構な額の補助金をもらっているのを知っている。
すっかり「欲しがりましょう勝つまでは」となってしまった。

日本は国家社会主義体制への転換が始まったように思う。国家が強力なメッセージと金を出せと独裁者を希求し始めたのだ。驚くべきはそれを言い出しているのが左翼であることだ。市民による自治が大事で国家は権力を行使するなと言い続けてきた戦後民主主儀。それを理想としていた左翼が自ら大本営となり壊し始めたのである。ならば左翼政党からポピュリストが登場して支持を集めるかと思えばそうでもない。まったく左翼は無責任である。

こういう愚かな熱狂からは距離を置き自衛に努めよう。

さてオリンピックはどうなるだろう。
PCR推進論者の言い分はこうだ。PCR検査で陰性なら自由に活動ができる。ならば外国選手は自国でPCR検査を受けてもらい陰性者が参加すればよい。日本ではすべての関係者がこまめにPCR検査を受ければいい。選手は選手村に隔離されているし市中より安全だろう。観客は少なくしてオンラインやテレビでの観戦を主にすればいい。

しかし中止を訴える声が大きくなってきた。オリンピック反対派はPCR検査推進論者と重なるのだがおかしな話である。PCR検査すればスポーツも経済活動もできるんだよねPCR検査すればオリンピックできるよね。もしかして検査に意味がないと感じているんじゃないの?

PCR検査推進もオリンピック問題も政局になってしまった。それ故の矛盾が発生しているということである。マスコミはどこまでも愚かである。国民をどこに連れて行こうとしているのか。

 

 

 

日本にはコロナに打ち勝つ武器がある!

11月に入りコロナの感染拡大が続いている。報道では第3波襲来などと喧しい。
電車の中ではみんなマスクをしている。マスクをしていない人はほぼおらず、99%の人はしている。これはすごいことなんじゃないか。
海外ではこうはならない。西洋ではマスクをすること、つまり口を隠すことに抵抗があるという。
アニメや特撮のヒーローをみても、西洋では目は隠しているが口を隠しているヒーローは少ない。日本では逆で、目は隠さず口を隠していることが多い。
聞いた話だが、アメリカではPCR検査で陰性だったからマスクをしないくていい、と考える人が多いという。うーんダメなわけだ。
現状では一般人ができるコロナ対策はマスク、手洗い、ソーシャルディスタンスしかない。PCR検査を拡充してもコロナは減少しない。無症状の感染者が顕在化し混乱するだけである。
なぜ日本人はみんなマスクをするのか。それは同調圧力に弱いからである。いやむしろ同調圧力が大好きだからである。つまり支配されたがっているのである。そして人と違うことを回避する農耕民族由来の特性もあるだろう。
みんな同じでみんないい」である。

おまけにテレビをつければ、政府には強いリーダーシップが必要だとか、強制的に指示しろなどの言説で溢れている。SかMかと言われればMである。強い権力で束縛してえ〜、とみんな望んでいるのである。
同調圧力と被支配欲。みんなマスクしているのはこのためである。みんなマゾっ気があるのだ。
恐るべきことに政府も批判に慣れっこになり、もっと批判して〜、となっている。まさかの政府もマゾ化も懸念されるところだ。

いずれにせよみんなマスクをしているのは良いことだ。一億総マゾ化はコロナに打ち勝つ強力な武器かもしれないと思う。

がんばれジャイアンツ!虚珍軍は不滅です!

 日本シリーズをテレビで観た。
ソフトバンクが2連勝し続く第3戦である。巨人はあまりに弱かった。
9回まで無安打に抑え込まれ、ヒットは1本のみの完封負け。ソフトバンクとの実力差は歴然としていて、得点できる気配すらない。しかも舞台はPAYPAYドームなどというふざけた名前の球場である。しかも敵のスタンドではペッパー気持ち悪い4足ロボットインド映画さながらにダンスを踊っているのである。なんだこりゃ。

両チームは実力差もあるが見た目も違う。ソフトバンクの選手は精悍で細身の選手が多い。対して巨人の選手はみんなぽっちゃりしている。大体エースの菅野からして腹の出たオッサン体型である。はっきり言うとデブである。

昔は少年野球なんかではデブは四番だった。体が大きいとパワーがあると思われていたのだろう。確かに当たれば飛ぶかもしれんし。アホな指導者は肉を食えご飯を食えと指導していた。たくさん食ってデブになればスタミナも付くと言われていたものだ。
大量に肉食って、ご飯食べてそこに酒である。ごっつぁんです
まったく巨人の指導者は少年野球レベルなのだろうか。

昔から「人気のセ、実力のパ」と言われてきたが、ここに来てその差が顕著になってきた感がある。セ・リーグは「セカンドリーグ」などと揶揄される始末。
リーグ優勝を果たした巨人の弱さがその状況を証明している。今日の試合でも巨人の選手は死んだ魚のような目をしていた。もはや虚珍軍である。

ここまでくると巨人を応援したくなってくる。
シーズン後の補強でソフトバンクの選手をまるごとを買いなされ。ついでにペッパーも引き取り、スタンドで白塗り前衛舞踏をさせるのだ。もともと白いので楽だろう。
とにかく悪役は強くないと面白くない。
アンチからも同情されるようではお先真っ暗である。