空転日記

はばかりながら はばかる

正体見たり?高野連

日韓関係が悪化している。テレビをつけるとワイドショーが騒がしい。曰く、日韓が互いに罵りあい、経済や文化交流、そしてスポーツまで影響がでていると。

なるほど反日を国家運営の原動力にしている韓国では、ろうそく持って、デモをしたり、日本製品の不買運動をしたり忙しいようだ。

一方日本ではマスコミが騒いでいるだけである。デモもしないし、そもそも関係悪化ではなく、正常化へのプロセスであるとさえ思って極めて冷静に受け止めている。韓国人がいくら騒いでも、「ダーウィンが来た!」でヘンな生き物をみているのと一緒である。

韓国との輸出入を業務とする企業も落ち着いたもので、これは以前からある程度の準備が進んでいたことの証拠だろう。なんの準備かといえば「断韓」である。

 

そんな中、日本高等学校野球連盟が、U18ワールドカップに出場する高校日本代表が韓国入りする際に日の丸の入っていないシャツを着せ、批判を受けた。

発表によると「現地で安全面の確認が必要」と判断し、日の丸と「JAPAN」のロゴの入ったポロシャツを着る予定を変えたという。そもそも危険かもしれないところに高校生を派遣するとは何事かと言われたら、「韓国民の感情に配慮し」と説明は変わった。

「公益財団法人日本高等学校野球連盟」とはなにか。

この組織は、経済学者で学校法人同志社総長・理事長である八田英二を会長とし、副会長の高橋順二氏は元朝日新聞名古屋本社代表であり、5人いる最高顧問のうち、渡辺雅隆氏は朝日新聞代表取締役社長丸山昌宏氏は毎日新聞グループHD社長という顔ぶれの組織である。

会長はお飾り、高野連の実体は朝日新聞毎日新聞が牛耳る興行団体である。

なにせアマチュアのスポーツ大会でビールを売っている商魂のたくましさである。商売しにくいので、インターハイを主催している全国高等学校体育連盟にも所属していない。

その他顧問などは教育や医療関係者、野球関係者などが多い。インテリが多いのに軍隊のような精神論を振りかざすという理解しがたい不思議な組織でもある。

 

さて朝日と毎日といえば、報道姿勢が「反日親韓」で知られる。そうなると今回の高校野球国旗問題の意図も見えてくる。純粋無垢な高校生の国際交流が「国家間のいがみ合いで歪められた!」という趣旨のキャンペーンを張ろうとして、必要のない配慮を行ったのだろう。マッチポンプというやつである。

ところが空振りに終わってしまった。一部メディアも徐々に変化し「断韓」が進んできているのだ。ここは是非とも朝日と毎日はこれからも変わらないスタンスを貫いてほしいと切に願う。どんな方向であれ全てが一色に染まることはよいことではない。健全な世の中を計る物差しとして、毒も必要なのだ。

 

 

 

 

 

がんばれ金髪津田野郎! 日本のために

津田大介という大学の教員がいる。ジャーナリストでもあるらしい。大学の教員に資格はいらない。そしてジャーナリストと名乗るのは「表現の自由」である。

ちらほらとテレビやラジオに出演している。以前は「メディアアクティビスト」というなんだかよくわからない肩書であったが、これもまた「表現の自由」である。

津田大介は2016年の都知事選で鳥越俊太郎の応援をしていた。鳥越氏については週刊誌が「女子大生淫行疑惑」を報じ選挙は惨敗。その後は表舞台から姿を消した。

センセーショナルな醜聞が主たる敗因であったが、鳥越氏本人の政治家としての資質にも大いに疑問があった。「報道の第一線で活躍してきたニュースの職人」などとおだてられていたが、テレビの討論会などでは、具体的な政策について語ることはできず、すぐに感情的になり、的外れで安直な政権批判しかできなかった。

選挙後にインターネットの番組で、鳥越氏を応援した津田大介に対して猪瀬直樹が懇々と説教していたのを記憶している。

バカを担いでしまった恥ずべき事態であり、普通ならみっともなくて表を歩けまい。しかし不屈の男、津田大介は臆することは無かった。

 

さて時代は令和となり、津田大介は「愛知トリエンナーレ」の芸術監督を務めた。芸術監督にも資格は要らない。芸術的センスや知識も要らないらしい。

この「愛知トリエンナーレ」はその展示内容から官民を巻き込んだ大騒動に発展した。詳細は各所で報じられているので、省略する。

インターネットなどで知るところ、その展示内容は、おバカな反体制活動家による程度の低い悪ふざけのようなものである。以前だったらさほど問題にならなかっただろう。たくさんのお仲間メディアに守られてきたから。

しかし今では以前とは違う空気が醸成されていることも知ろうともせず、どのような反響が巻き起こるか考えていなかったようである。

おまけにお仲間の東浩紀と仲間割れである。「内ゲバ」というほどでもない。ガキのけんかである。

 

以前はこういった人たちを、進歩的だの革新的だのと文化人呼ばわりしてきたが、時代は変わった。実は体制にべったりで、表面上だけ反体制を気取っているだけである。以前も書いたが僕はこの種の人たちを「ほのぼのアナーキスト」と呼んでいる。

もはや見世物小屋に展示されているのはこの人たちである。彼らにはもう時代を変える力もない。好きにすればいい。

 

津田大介はこれからも少数の理解者と子供じみた活動をつづけるのであろう。

しかし感心するのは、この男はどんなに恥をかいても動じない。強靭な精神を有しているのであろう。社会主義活動家であった父親の影響なのか、あるいは何も感じないのか、どちらかはわからない。

世の中成功者ばかりではない。数多くの失敗をし悲嘆にくれている人も沢山いる。数多くの批判に晒されてきた津田大介は、そのような人達をなぐさめ、あまたの敗者の理解者になれる可能性を秘めている。そしてインターネット上の誹謗中傷や自分達に都合の悪い情報に屈せず、コペルニクス的転回でもって反撃の材料にするあたり、なかなかしたたかである。

そして津田大介がなんかすればするほど、本人の意向とは逆に進んでるようで面白い。

だんだん応援したくなってきたゾ。

がんばれ金髪津田野郎!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本で進む断韓、朝鮮半島統一はあるか?

2002年のサッカー日韓ワールドカップの時、韓国の反日志向やある種の異常性を、テレビや新聞などの大メディアは伝えることなく、ワールドカップの成功を誉めそやしていた。
その後、広告代理店が仕掛けた「韓流」が一大ムーブメントを起こす。

大メディアは「韓流」一色で、「韓国はすばらしい。教育も進んでいて成長著しく、旧態依然としている日本はすぐに追い抜かれる。いやもう抜かれている」ってな感じであった。

その頃インターネットでは日本の大メディアがなぜか伝えない、韓国の裏の顔を告発し続けていた。韓国で行われている異常な「反日教育」、独自の文化を形成できず嘘で固めた特異な文化や歴史観、出鱈目な政治経済などなど。

バレバレの為替介入を茶化した「ワロス曲線」なんて言葉もあった。

その頃、家族や友人にインターネットから得たそういった知識をひけらかすと、「ネットの嘘情報に踊らされている」とか「洗脳されている」などと言われたものである。

 

時代は変わった。

 

今や、「親韓」である広告代理店を頂点とする日本の大メディアですら、韓国の異常性を隠すことはできない。職場での話題も、韓国の「おかしさ」についてである。もちろん冷静に話をしているだけで、ろうそく持ってエキセントリックなデモをしたりはしない。

慰安婦問題、徴用工問題、レーダー照射問題などを経て現在、激化する貿易戦争が起きた。大多数の「日本人」は今回の安倍政権の対韓政策を、全面的に支持しているように思う。

長いこと韓国のご機嫌を伺い、さまざまな問題を「遺憾の意」で済ませてきた日本が、初めて韓国に対して、きっぱりと決然と「NO」を突きつけたのである。

 

大阪で行われたG20の直後に貿易戦争を仕掛けたあたり、安倍政権は着々と準備していて、アメリカをはじめとする先進諸国に対する根回しも行っていたのだろう。そしてその対韓政策は単なる参院選のための支持者への一時的なアピールではなかったようだ。

 

アメリカの態度も不思議である。北朝鮮が短距離弾道ミサイルを立て続けに発射しているのに好きにさせている。日本もである。

しかも北朝鮮が最近開発したとされる兵器が、アメリカの技術を応用しているのではないか、という疑惑が持ち上がっている。とすれば韓国から北朝鮮へ米軍の技術が流出しているわけだ。事実ならば米韓の軍事同盟は崩壊し、米軍は半島から撤収するだろう。

韓国も「日本との貿易戦争を乗り切るために南北統一」なんて言い出している。

仮に南北統一したとしても、現状では日本が大々的に経済援助することは民意が許さない。時代が変わったのである。

日米は朝鮮半島を半ば切り捨てる形で、統一に持っていく腹づもりなのであろうか。