空転日記

はばかりながら はばかる

「女子大生VS週刊SPA!」の茶番とフェミニズムの自殺

「週刊SPA!」の記事「ヤレる女子大学生RANKING」を受け抗議の署名活動を行った女子大生グループが扶桑社編集部と話し合ったことがニュースになった。

女子大生グループは編集経緯や記事に対する疑問を問い紙面の改善要求をし、扶桑社からは「女性を物として扱う視点があったと反省する」という返答があった。

終了後に取材を受けた女子大生グループは「追及が甘いという意見もあるかもしれない。ただ、私たちは廃刊にして問題を消して終わりにしたいのではない」と語り「今後のメディアの在り方を一緒に考えられるきっかけにしたい」と総括したという。これはニュースバラエティショーのテレビカメラや報道陣を引き連れ、扶桑社側も受け入れ態勢を整えた茶番劇である。

雑誌の廃刊までチラつかせる女子大生グループも恐ろしい。雑誌の廃刊でどれだけの人の生活に影響があるか考えたのだろうか。編集部には女性だっているのだ。

「ヤレる女子大学生RANKING」を作った編集部を擁護する必要はない。しかし女性を物扱いするものは世の中にあふれている。エロ記事を載せているスポーツ新聞や週刊誌はあり、しかも経営上は大手新聞社系列だったりする。テレビ番組やCMも商品としての美女を多用している。ミスコンテスト出場者や女子アナなんかも商品である。女性だけではなく男性に対しても「イケメン」「ブサイク」「ハゲ」「デブ」「キモオタ」などと内面を見ることなく外見で判断している。物として見ているのである。世の中そういうくだらないものも必要なのだ。清廉潔白なものだけでは息が詰まる。

今回の女子大生らの行動は浅はかに見える。単純に、弱い立場の女性が声を上げたからという理由で支持するというのは男女平等の観点から失礼である。このようなキャンペーンに利用されているとしたら気の毒だが女子大生はもう責任を負うべき大人であるから批判されてもしかたがない。しかしこのような茶番劇はありふれているからすぐに忘れ去られるだろう。

それより今回気になったのはフェミニズムのあり方である。

女子大生グループの怒りは「女性は貞淑で性に奔放ではない」という前時代的な価値観に基づいている。フェミニズムの歴史のなかでフリーセックスだの性の解放が叫ばれたがそれとは逆行している。女性解放から逆行し、ラディカルなようで古臭い保守に回帰しているのだ。これはフェミニズムの自殺である。なるほどサザエさんがなくならないわけだ。

そしてMeToo運動もそうであるが、主張すればするほど男性優位を明らかにし、自らの立場を低くしていく不毛な階級闘争になっている。性差や文化を無視して異性を攻撃することで、真の平等(そんなものが本当にあるのか分からないが)から離れていってしまう。女性を差別しているのは女性なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

もやもやする日本「出身」横綱

進退のかかる初場所で初日から連敗し横綱稀勢の里が苦戦している。僕は相撲にさほど興味はないので勝敗は気にならない。

気になるのは稀勢の里を紹介するとき日本出身横綱と呼ばれる事である。稀勢の里は長くモンゴル勢に独占されている相撲界で、久しぶりに誕生した日本人横綱である。その前の日本人横綱は武蔵丸である。武蔵丸はハワイ出身で日本に帰化した。帰化後横綱になっているので、武蔵丸は正真正銘の日本人横綱である。しかしそうは言われない。武蔵丸は除かれ、稀勢の里は若乃花以来の日本人横綱と解釈される。

「武蔵丸は日本国籍だが力士になったときは米国籍だったし、アメリカ出身だから、日本人横綱としては認めにくいので出身地主義をとろう」ということである。なにか腑に落ちないしもやもやする。武蔵丸は日本に骨をうずめるべく生きてきたのだから失礼だ。

これは横綱だけではなく、一般の力士も同じで「日本出身力士」と呼ばれる。

取組前に出身地がアナウンスされる。仮に帰化していても「ハワイ出身~」と紹介される力士は日本人として認められないというのはおかしい。

とはいえ生まれた土地の文化がその人柄を育てるのは間違いなく、出身地を国籍より重視する、というのは心情的には分かる。そして相撲はあくまでも日本の国技であり保守的なので考え方が日本人中心になってしまうと漠然と解釈している人が多いだろう。ただ少なからず疑義を呈する人はいるはずで、NHKを始め大手メディアがそれを黙殺しているのも気持ち悪い。

心情的な出身地主義とも言える対応だが、他の理由があるように思える。

それは在日韓国朝鮮人力士の立場を忖度するためではないか。日本に生まれ育ち相撲界に入っても帰化しなければ韓国朝鮮籍である。しかし通り名を使っていれば出自を隠すこともできる。公表していない力士もいるだろう。「日本人横綱」「日本人力士」という言い方は彼らにとっては都合が悪いのである。「日本出身」と呼べば日本人とまとめることができる。

朝鮮出身力士として名高いのは力道山は出自を公表することを拒んでいたという。相撲界では力道山に対する民族差別があったとされている。その後力道山はプロレスで活躍し大スターになる。そういった歴史が在日韓国朝鮮人に対するある種のタブーを作ってきたのではないか。

プロ野球界も在日韓国朝鮮人や帰化人が多い。野球協定においては日本の学校に通算3年以上在籍したものは日本籍を有するものと同等の扱いを受けることができる。仮に在日韓国人であると公表していても外国人枠には入らない。

プロ野球選手が引退後、放送局のキャスター職や試合の解説者になるためには、名球会メンバーの肩書きが重要であったとされる。メディアも名球会の権威づけに協力し、ブレザー贈呈式というアホな儀式を嬉々として放送してきた。その名球会を長く牛耳ってきた金田正一氏は組織を私物化し不透明な金の使い込みなどから名球会代表から追い落とされた。大手マスコミはほとんど報道しなかったと記憶している。ワイドショーの格好のネタなのに不思議である。いったい何に忖度したのだろう。

日本で育った在日韓国朝鮮人や帰化人が、様々な分野やスポーツ界で日本人と同等に活躍できる場を得ることは当然賛成だ。しかしこういった特例的対応があまり公にされず、もやもやする状態が続くのは良くないし、これが互いに新たな差別や対立を生む可能性もある。

このような問題はおおっぴらに議論の対象すべきだと思う。これはレイシズムでも差別でもない。おかしなタブーを無くすためである。

旧社会党によって解釈改憲は行われている 

今年は参議院選挙が行われる。最大の関心は改憲勢力が改憲発議に必要な3分の2以上の議席を維持できるかだという。 

当然野党の多くは改憲反対である。加えて与党である公明党も後ろ向きだ。公明党の母体である創価学会は日本での信者数は減少し、今やSGI(創価学会インタナショナル)という海外組織の方が力を持っている。特に韓国SGIは多くの信者を抱えている。かつては韓国大統領選挙に日本の公明党が介入し、金大中大統領を誕生させたとの疑惑もあったほど公明党は韓国との関係が深い。憲法改正に反対なのもうなづける。

納得できないのは旧社会党系の議員が頑迷に憲法改正に反対していることだ。護憲という言葉が古びたので「立憲」を好んで使う人たちである。旧社会党は1994年に憲法の解釈を変更した。これは実質的に国会において解釈改憲が行われたということである。これから行おうとしている憲法改正はその後サボっていた事後処理である。

55年体制下において日本社会党は自衛隊は違憲で日米安保には反対というスタンスを貫いてきたが、94年の自社さ政権樹立で日本社会党の村山富市委員長が首班指名を受け村山内閣が成立する。すると村山首相は国会演説で自衛隊は合憲で安保条約も肯定するなど、社会党の路線変更を宣言した。そしてその後、社会党もこれを追認する。この時点で解釈が分かれていた憲法9条などの解釈改憲が行われたといえる。その後速やかに解釈改憲の内容を反映させる事後処理として憲法改正をすべきだったのだ。しかし改正手続きに必要な国民投票のルールすら決まっていなかった状況では話にならない。

その後自衛隊は違憲であると主張する勢力は少なくなっていき、日本社会党も衰退し社民党と名を変えた。今では福島みずほのツイッターの誤字脱字しか存在感はない。

逃げ出した議員の多くは民主党を経て離合集散を繰り返し、立憲民主党に再集結している。

かつて解釈改憲を行った旧社会党の流れを汲む議員が改憲反対を訴えている。そして憲法審査会の開催を拒否し話し合いすらせず逃げているのは卑怯である。公明党のようにどこかの国に気を使っているのだろうか。それともただの無知なのか。

常套句である「なぜ今なのか」という言い方がインテリっぽいと思っているのだろうがバカにしか見えない。

今の日本に強い与党はいらない。必要なのはまともな野党であるが、韓国駆逐艦の火器管制レーダー照射事件にダンマリである。これでは韓国と通じているとされても仕方がない状況である。野党に期待しても時間の無駄と思える。

選挙で投票するにあたり、与党が勝ちすぎると良くないと考えバランスを取るため野党に票を投じる人がいる。なんとなく良識的な考え方と思えるがよく考えるとヘンだ。それでは有権者として国政の問題点や政策の争点を考える必要がないからだ。これは戦後民主主義がもたらした「平和」の恩恵であり弊害である。

ちなみに日本共産党はそのままでいい。いまだに「共産党」を名乗っているのは世界的にも珍しく、ヨーロッパの人は驚くらしい。伝統芸能としていつか世界文化遺産に登録されるはずなので。