空転日記

「はばかりながら はばかる」 ぢっと手を見る

秋になった、冬がはじまるよ

秋になった。ついこの前まで梅雨だったのに。新型コロナで生活リズムが変わった。仕事は在宅が増え外出もあまりしない。季節の変化と身体的感覚が合わない。それまでは忙しく働いていたので、勤務時間も少なく家でゴロゴロしていると気分は陰気なイタリア人である。まだしばらくはこんな感じが続く。

幸いなことに給料は今のところ保証してもらえている。ありがとう会社
他の業種、たとえば航空業界は大変である。航空便は減便され海外路線はほぼ壊滅である。客室乗務員は他業種に出向する計画もあるという。パイロットも給料が下がり大変だという。そりゃ年収が2000万円から1000万円になったら大変である。高年収なら住宅ローンも高いだろうし、高コスト生活になっている。高収入のほうが打撃は大きい。

僕の会社は中小だしそもそも収入の低い業種である。多少の手当てが減ってもたかが知れている。貧乏会社員でよかった。ありがとう会社。そしてパイロットにならなくて良かったと心から思う。

これから冬になり2020年が終わる。これまでにない年末年始になるだろう。
政府は企業に対し17連休を求めると言う。長期休暇をとり旅行などを分散させようという目論見らしい。長期バカンスということか?フランス人かよ。

その政策は旅行業者や運輸関係への配慮ということだろうし、サービス業や医療関係はそんなに休めない。ツイッターをみたら早速「サービス業に17連勤させるのか!」との意見が目に付く。おいおい17連勤させるような企業はそもそもやばいだろと思う。

日本人は働き続けてきた。高度成長期を経てバブルがはじけリーマンがショックで、新型コロナである。そろそろ日本人の働き方や価値観を見直してもいい。

コンビ二24時間やってなくていいじゃん。そんなに働かなくていいじゃん。ちょっと不便でもいいじゃん。SONGSに大泉洋いらないじゃん

そろそろ日本人もアップデートしたほうがいいと思う。
価値観を見直す冬がはじまる。

 

ほんとはヒトラー大好きなんじゃない?

リベラルのみなさまは、保守が強い態度を示すと「まるでヒトラーだ」と批判する。安倍元総理に対してもそうだった。デモでは安倍さんにちょび髭をつけた写真パネルをよく見かけたものだ。さっそく菅総理もヒトラーの仲間入りである。ツイッターなどではスガーリンとも呼ばれており大変強そうである。

政権交代が起きるとしばらくはご祝儀的に高支持率が続き、批判は少ないものだが、菅総理は一味違う。いきなり日本学術会議のエリート左翼集団とバトルしようぜなのだから。

さて、かつて民主党政権のとき行われた「事業仕分け」はどうであったろうか。
国会議員(立法府)が官僚(行政府)に対して行った一方的かつ強権的な行動ではなかったか。
指名された「仕分け人」が官僚を呼んで一方的にその事業について「廃止」「削減」などと宣言するのはいかにもテレビ向けのショーではあったが、三権分立的に問題あるでしょ。議員が各省庁に意見したければ、与党で意見をまとめ国会で話し合うべきでしょ。現在よくおこなわれてる野党合同ヒアリングも同様に問題がある。官僚に議員が直接圧力かけちゃダメでしょ。こいつらのほうがヒトラーじゃん。
なぜ事業仕分けを実施した民主党政権において鳩山元首相は「ヒトラー」と言われなかったのか。それはもちろん「ルーピー」や「宇宙人」「ポッポ」と渾名され、奥さんに至っては安倍昭恵さんを超える逸材であって、ヒトラーではありきたりでつまらなかったからであろう。
しかしなぜ左翼は憎いあいつをヒトラーにたとえるのが好きなんだろう。ヒトラーは国家社会主義ドイツ労働者党の総統である。めっちゃ左翼政党じゃん。民主的な選挙で選ばれ国会を改革し独裁体制を作り、支持も高かった。これぞ民主主義による独裁。自民党の政治家もヒトラーを見習ってガンバレという叱咤激励のお気持ちがもれ出ているのではなかろうか。

どこかで社会主義革命への理想を捨てきれない左翼リベラルにとって、ヒトラーは政治手法に限って言えば、ある種の理想なんだと思う。小泉政権の強引な郵政選挙なんかも同類である。
嫌い嫌いも好きのうちってヤツである。

かつてガンダムや宇宙戦艦ヤマトでも悪役はみんなドイツ風でナチスっぽい。悪役像はずいぶんアップデートされない。それなりに魅力もあるともいえるわけだ。

 

 

 

 

オリンピックができないということは

日本では菅政権が誕生し新型コロナについては収まってきた。感染拡大が、ではない。マスコミの報道がである。

マスコミは政府や専門家会議の対応をやることなすこと批判し、PCR検査の拡充を求め、感染爆発を煽る専門家の意見を垂れ流してきた。
「コロナ疲れ」は、在宅でテレビを見る時間が増えマスコミのコロナ報道に触れる時間が長かったことが原因である。

そのメディアのコロナ報道は安倍政権の退陣で収束した。コロナの女王岡田晴恵も収束した。つまり、安倍政権批判が目的だったといわざるを得ない。結果メディアに対する不信感は高まっただけである。

来年のオリンピックはどうなるだろう。ホスト国である日本は、結果的にコロナ対策はある程度の成功し、大規模スポーツイベントの開催も模索が始まっている。参加選手を絞ったり、競技によっては無観客で行うなどの手はあるだろう。
僕はそんなにスポーツ好きではない。シンクロナイズドスイミング(今はアーティスティックなんとか)なんかは、何かの冗談だと思っているし、近代五種なんて罰ゲームにしか見えない。とはいえ開催できると良いなと考える。

オリンピックが開催できないということは、来年になっても世界は正常化しないわけで、そうなると世界経済は完全に終わってね?
日本で出来ないなら世界のどこでも出来ない。ニュージーランドやハワイなどはコロナは押さえ込めているが、経済は大打撃である。観光客こないんだもん。中止を主張する人たちはそれでいいの?

オリンピックが開催ができれば、ある程度の国際交流が復活し経済も回復してゆける。「世界の安寧のためにオリンピックできるといいね」と思うのだが、そんなこというと「自民党支持」だの「ネトウヨ」だのレッテル貼られちゃう。

おかしいぞ。