空転日記

「はばかりながら はばかる」 ぢっと手を見る

「未来のミライ」は傑作だ!今さらすいません

細田守監督作「未来のミライ」を見返す機会があった。公開したときに映画館で見たのだが、そのときは正直イマイチだなあと思い、当ブログでもエラソーに感想を書いている。

 

www.koketumarobitu.com

すいません。全く分かっていませんでした。あらためてみると「未来のミライ」傑作じゃないか。

「未来のミライ」は4歳の男の子「くんちゃん」の日常と非日常体験を軸にオムニバス風に進んでゆく物語である。非日常的な体験は以下のようなもの。

高校生になった妹が未来か突然やってきたり、飼い犬が人間になったり、幼い母親のいる世界にタイムスリップしたり、近未来風の奇怪な東京駅で恐ろしい目にあったり。

くんちゃんは一貫してワガママで生意気な子供で共感できない。成長もあまりしない。
家族の物語であるのは分かるがストーリーがギクシャクしている。そこが不評の原因だっただろう。それが間違っていたと気が付いたのである。

この映画はくんちゃんの視点で描かれているのではないのだ。高校生になったくんちゃんの視点ですべてが描かれているのだ。

高校生になったくんちゃんは親に反抗し、おそらく自分を見失い苦悩している。その高校生くんちゃんが、想像の中で、幼い自分や家族との関係性を見直す自己カウンセリングをしているのである。

くんちゃんは高校生になった未来の自分に会う。その後、電車に飛び乗り奇怪な東京駅へ行く。そこで遺失物センターで駅員と会話をする。

駅員「忘れ物ですか?どんな荷物をなくしました?」

くんちゃん「ううん。なにも」

駅員「こちらは遺失物届出窓口です。他の御用の場合は…」

くんちゃん「ぼく迷子になったの」

駅員「迷子。ではなくしたのは自分自身というわけですね」

くんちゃん「うん」

4歳児が「なくしたのは自分自身」と言われて「うん」というわけが無い。

これは、自分を見失った悩める高校生のくんちゃんの視点である。

すべてが高校生くんちゃんの想像の世界とすれば納得である。4歳のときのくんちゃんも「ワガママなクソガキ」だし、自分にあまり関心のない父親も怒ってばかりの母親もお洒落な家に住み物質的に豊かでもどこかギスギスしている家族も「そうであっただろう過去」なのである。

東京駅で迷子になるエピソードはやさぐれた高校生くんちゃんが迷い込んだ自分探しの旅と重ね合わせているのである。

くんちゃんが若いころのひいじいちゃんに会うエピソードがある。ここでくんちゃんとの交流を経てひいばあちゃんと結ばれるのだが、ここでタイムパラドックスが発生する。タイムスリップしてきたくんちゃんと会わなければくんちゃんは生まれない。

そう高校生くんちゃんの想像の中の世界ならタイムパラドックスなんて関係ないのだ。

物心付く頃には死んでいたカッコいいひいじいちゃんは高校生のくんちゃんが憧れの存在で、想像の世界で遊んでもらう。そこでアドバイスをもらい自転車に乗れるようになる。これはお父さんはなにもしてくれなかったというささやかな反抗なのだろう

「未来のミライ」は幼い子供の成長物語ではない。苦悩して自己を見失った若者が回復してゆく物語だと気が付いた。なかなか奥深い作品ではないか。

すいません。なにも分かっておりませんでした。

 

 

 

夫婦別姓推進者って子供のこと考えてる?

ETV特集「夫婦別姓“結婚”できないふたりの取材日記」を観た。
映像制作の仕事をしている男性が女性と結婚するにあたり、女性側が男性の姓を名乗ることを拒否しそれが原因で結婚できない。その2人の苦闘を追ったドキュメンタリーである。

まず冒頭、自宅とおぼしき場所で男性に肩車され奇声を上げ自撮りをする女性の姿から始まる。その後女性が男性の髪を切ってあげるシーンが続くのだが、そこで男性が「俺より先に寝てはいけない~」とさだまさしの関白宣言の一節を口ずさむのだが、女性はそれに反応し、「なんでやねん」と真顔で返す。顔が怖い。

男性は映像制作を仕事としているので、自ら演出しカメラを回しているという趣向。
男性は女性のために姓を変えたいと反対する両親を説得しに行くのだが、それも自分でカメラを回している。休日なのかだらしない格好をしているお父さんの古臭い価値観を振りかざす家長っぷりがあますところなくカメラに写される。こりゃプロの仕事だ

この番組が反響をよんだのは、後半の亀井静香氏の出演。ふたりは夫婦別姓を求める活動をしている人たちと歩調を合わせるようになるのだが、その縁で「保守派」の亀井静香氏と面会するのである。まったくどんな人選だよ。そこで亀井静香氏は天皇制まで持ち出し激しく夫婦別姓に反対するのである。
このシーンが夫婦別姓に反対しているのは古臭い保守派であるという印象をつけることに成功している。亀井静香氏だって映像が使用されるドキュメンタリー番組の趣旨くらいは説明されているだろうから、分かってやっているのだろう。

この番組の見所は、亀井静香氏の「古臭く傲慢な老害」っぷりではない。女性の「やや我侭に思える考えを許容しない社会の不寛容さ」でもない。男性の「薄毛がどんどん進行し髪型が珍妙になってゆく」ことでもない。そういったドキュメンタリー風の演出ではないのだ。

最大の見所は出演していた1人の子供の意見である。
二人は、夫婦同姓であることに疑問を感じペーパー離婚をした活動家夫婦に話を聞きに行く。事実婚となった夫婦には子供がおり同席していた。子供は父親の姓を名乗っており母親と違う姓である。以下の書き起こしは概要ですが趣旨はあっております。

「少数派の選択肢をしたことで子供はいやな思いをしていないか」

という問いに父親は

「事実婚という選択をしたことを子供が理解してくれたとすれば、彼女自身が学ぶことも大きいと思う」

と返した。そして

「軋轢があったとしても多様性や寛容性を学べることはいいことだ」

という趣旨で結論付けようとする。すると子供が堰を切ったように話し出す。

それを決めるのは子供だと思う。(父親は)そういうことを体験していないのに勝手に言われちゃうのは変な感じ」

強烈なボディーブローを決めた。

この子は学校で親の姓が違うことを他の子から言われることにいやな思いをしているのだ。自分の子供を他人行儀に「彼女」と呼称する父親への不満をカメラの前で堂々と述べたのある。あっぱれあげます。カメラはそこで止まる。止めるなよ。それに対する父親の意見が聞きたかったのに!

夫婦別姓には賛成なのだが、気になるのはここなのである。多様性や寛容だのを錦の御旗にし、イデオロギーを押し付ける運動に見えるのだ。自分の子供の気持ちさえ置き去りにしているじゃないか。だいたい自分の子供も洗脳…じゃかなった説得できないのに世の中を動かせるのか?

これでは運動体としてのありかたは頑固で古臭い保守派とかわらないではないか。

 

 

 

海外の出羽守って「こじらせ愛国者」なのでは

最近SNSなどで「出羽守(でわのかみ)」という言葉を目にするようになった。
はて何のことやらと調べてみたら「海外の習慣や事柄を引き合いにして日本を貶すような言動をとりがちな人」のことであった。本来は律令制下の出羽国の役人を指す言葉である。「海外では~」と始まり「それに引き換え日本は~」となるかららしい。おお確かにその手の人は多いなあ。

ドイツ在住のジャーナリストで、ハイキングをしていたらドイツ人から「なせ日本の裁判所は東電の元幹部を無罪にしたのか」と聞かれ「世界が日本を見る目は厳しい…」と思った変な人がいる。一般的なドイツ人がそんなに日本のニュースに詳しいとは思えず架空のドイツ人をした仕立て上げ「それに引き換え日本は~」と腐す手法と推察される。
アメリカ在住の元社会学者で「基本的馬権」というパワーワードを爆誕させた方のツイッターも、何かに付けて「日本は遅れている日本はダメだ」のオンパレードである。

なるほどこういった手合いが出羽守なのかと納得したのである。
なぜ海外で活動する日本人が出羽守になりがちなのか?

本当は日本が大好きなのだが、海外に行ったとき日本が悪く見えたり日本人なんて相手にされなかったりしてひねくれてしまったのではないか。その不満が日本に対するバッシングとなってゆくのだ。自身のコンプレックスの裏返しの行動とも言える。えーとつまり本当は愛国者なのだこじれてますが。

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」(ブレイディみかこ著)を読んだ。著者であるブレイディみかこはイギリスブライトン在住。アイルランド人男性と結婚し息子さんが1人。イギリスの学校に通う息子や家族の思いを丹念に追う良質のルポである。

ただ読後に気になった点がある。作中でイギリスの差別問題についてふれているが、著者であるブレイディみかこさんは日本人(アジア人)なので、差別や無理解に常に直面しているのだろうが、自身に対する差別問題、その点が書かれていないのだ。白人と結婚しているというのもあるだろうが、差別問題を「白人の側」からしか見ていないように感じた。

世界では日本人を含むアジア人は黒人より低い地位と見られる国もある。
日本人は先進国であるし円は機軸通貨でもある。それでも日本人は国によっては差別される側なのである。

アメリカで吹き荒れたBLM運動を、ニュースでみると日本人は黒人を差別してはならぬと「白人の側」で考えがちだが、そんなことはない。日本人は黒人より地位の低い被差別者なのだ。現在アメリカで吹き荒れるアジア人ヘイト運動からも明らかであろう。

海外の出羽守の皆さんは、白人の気分で海外に行ったら差別される側だったという現実の突き当たり、こじらせてしまった愛国者の成れの果てなのではないかと思う。嫌い嫌いも好きのうちなのだと思えばよいのだ。