射手座の魂

はばかりながら はばかる 虚言・妄言・独り言を少々たしなみます

メディア

谷賢一事件は演劇業界を浄化するキッカケになるか

気鋭の劇作家・演出家として知られていた谷賢一氏がパワハラ、セクハラ、強姦の疑いをかけられ表舞台から消えた。プロフィールで「演劇悪魔」と自称していた自身のツイッターも更新が止んだ。 谷氏の才能を高く評価し、その「福島三部作」の岸田戯曲賞受賞に…

森保監督ごめんなさい

www.koketumarobitu.com マイナポイントをゲットしてしめしめとほくそ笑んでいた一ヶ月前が懐かしい。その後仕事が忙しくなった。めちゃくちゃにである。 新聞やテレビを落ち着いてみる暇もなく、ライフワークである地震雲の観察や、猫のモフモフ動画鑑賞も…

ひろゆきが暴いた左翼の反民主主義

2ちゃんねるの創設者にして最近ではご意見番として活動している「ひろゆき」こと西村博之氏が投じたツイートが沖縄基地問題に一石を投じている。 ひろゆきは辺野古新基地の建設現場で写真とともに「座り込み抗議が誰も居なかったので、0日にした方がよくない…

タワマン住民は覗き魔か 朝日新聞の偏見

大量のコンクリートを使用するダムのような建築物は環境破壊の象徴として嫌われる傾向がある。最近あちこちに建築されるタワーマンションも同様である。タワーマンションの建築計画が発せられると、どこからともなく請負人のような輩が現れ、地域住民を巻き…

テレ朝「モーニングショー」玉川発言はミニ椿事件に発展するか 

テレビ朝日の「モーニングショー」に出演している玉川徹氏が謹慎処分になっている。安倍元首相国葬の際に読まれた菅前首相の弔辞について発言し「炎上」した形だ。 なかなか心を打つ弔辞だったらしいが、それを「政治的意図」と断じ、「電通による演出」があ…

サブスク問題 アナログ時代は音楽はタダで聴けたけど

ミュージシャンにとって音楽サブスクは儲からないらしい。川本真琴がツイッターで音楽サブスクへの不満を吐露し話題となった。川本真琴は90年代中ごろにデビューした。ギターをかき鳴らしながらポップな曲を歌う姿をテレビで見た記憶がある。すぐに大ヒット…

静岡の台風被害を報じないマスコミ

先日の台風15号は各地に影響をもたらした。特に静岡県の中西部地域で大規模な浸水や土砂崩れ、停電などの被害が発生した。 静岡市の発表では清水区で大規模な断水が発生し今だに解消していない。 この静岡県の台風被害に対してテレビ新聞などの報道が少なす…

Twitterやめてみました……が

Twitterのアカウントを削除した。 元々このブログと連携し誘導するために始めたのだが、さしたる効果はなし。というか全く効果なし。そのくせ大量の情報が流れてくるので頭が追いつかない。見るのをやめりゃいいのにやめられない。 おまけに入ってくる情報に…

キャスター降板劇とプロパガンダ

TBSの金平茂紀キャスターが報道番組「報道特集」の担当から外れ交代する。すぐにネットを中心に「政権与党の圧力があったのでは」「権力に忖度したのでは」という話が広まる。中には日本のマスメディアは終わりだと嘆く声すらある。 かつて報道ステーション…

話題にならないインボイス制度

2023年10月1日から開始されるインボイス制度(適格請求書等保存方式)であるが、巷では全く話題になっていない。統一教会と国葬の話題に占拠されインボイス?はてなんでしょうな?というのが一般的な感覚ではないか。このブログでは無謀にもインボイス制度の…

「鎌倉殿の13人」がおもしろい理由

鎌倉殿の13人にハマっている。 おもしろい。人がバンバン死ぬからだ。ツイッターで「しぬどんどん」と言われていて笑った。 源頼朝からして人を信用しなかった。支えてくれる有能な御家人でさえ見せしめの為に殺す。自分を慕ってくれていた佐藤浩市演じる上…

旧統一教会の件、前から知ってたよねマスコミさん。

最初は恐る恐る始めたようにみえるマスコミの旧統一教会報道であるが、一定の支持が得られるとみると積極的に流れるようになった。反自民党の皆さんはテレビの情報バラエティ番組に一喜一憂し期待を寄せ、まるで大応援団となっている。サタン(自民党)を滅…

人権思想と自殺権

上島竜平が死んだ。自殺らしい。つい最近渡辺裕行も自殺したとのことなので、立て続けに芸能界に悪いニュースが流れることになった。 自殺のニュースは終わりに「命の電話」の告知が入るので直ぐ分かる。「つらかったら1人で抱え込まないで電話して」という…

ウクライナ侵攻 「プーチンが悪い」だけでいいのか

ロシア軍のウクライナ侵攻が始まり戦争となった。 アメリカがインテリジェンス情報を公開してロシア軍の動きを予測していたが、ほぼその通りになった。 「専門家」達は、ロシアにとってはウクライナに侵攻する理由がなく「戦争にはならない」と言っており、…

「NO」と言えマスコミ おかしいぞ北京五輪

北京オリンピックでおかしなことが起きている。 まずキャラクターがイマイチである。名前は「ビンドゥンドゥン」というらしい。宇宙服っぽい服を着たパンダなのだが、中国の外交姿勢と先端テクノロジーアピールが鼻に付いてなんかイヤ。かわいくない。まあキ…

五輪反対派はいずこに?世論は疑え

東京五輪開催前は反対の声であふれていた。五輪関係者はケチョンケチョンにSNSでディスられていたし、IOCのバッハ会長は「ぼったくり男爵」など中傷されていた。批判は選手にもおよび、開催への支持を訴えたならば、「スポーツなんて不要不急だ」と叩かれ、…

「鎌倉殿の13人」芸達者なのはいいけれど

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を観ている。コロナでヒマだからだ。まあサービス業なので、土日にこんなに休みが多いのは社会人になって初めてかもしれない。人が休んでいる日に働くのが常であったがコロナで様変わりした。平日はリモートワークが増え、たと…

大手銀行、テレビ局、新聞社、淘汰されていいんじゃない?

みずほ銀行の社長が辞める。 頻発するシステム障害の責任を取るという。報道では外為法違反になる海外送金も発覚した。それもあわせて責任を取るということらしい。 もともとは銀行は「高利貸し」で碌なものではない。バブル期には土地転がしに加担し、今で…

「弱者のコスプレ」をしてる? 木下富美子都議、誰の指示ですか?

木下富美子都議がブレイク中である。無免許運転で事故を起こした。しかし公表することなく7月の都議選で当選。その後雲隠れし、なんと4ヶ月ぶりに公の場所に降臨したのである。沢山のマスコミが取材しワイドショーを賑わせた。アンタらもヒマねえ。っていう…

FacebookはMetaへ。コレジャナイ感……

Facebookはだいぶ前に短期間やっていた。 その頃はミクシィの全盛期で、後から出てきた舶来のFacebookはなんとなくクールでアカデミックな感じがあった。 Facebook上で80年代にかけて活躍した好きなミュージシャンと友達になれた。高校生のころそのミュージ…

コロナで本当にダメージを受けたのは…。

朝から晩までコロナコロナと騒いでいたテレビもすっかり騒がなくなった。 そのかわり選挙に向けて、経済が大事だとかバラマキはいかんとかNHKをぶっこわすなどと騒いでいて、コロナってなんですかモードである。 しかも日本で新型コロナ新規陽性者が急減して…

NHK受信料の断り方!?(2021年10月20日追記)

NHK受信料は払っていない。 払わない人たちには色々な理由があるようである。 公共放送のくせに反体制ですっかり左だとか、政府宣伝機関に成り下がりすっかり右だとか、民放と変わらず、お笑い芸人ばかりのバラエティばかりでつまらないとか。 他には、「Son…

金儲けのための反体制だったのだが……

木下富美子都議が7月に無免許運転で人身事故を起こし、その後所属する都民ファーストの会を除名処分となった。都議会で辞職勧告決議案も可決されたが、本人は雲隠れし議会にも顔を出さない。 その事故も異様である。交差点で右折表示が出ているのに木下都議…

岸田新総裁誕生 負けたのはマスコミ

自民党の総裁選が行われ岸田文雄新総裁が選出された。臨時国会を開き首班指名選挙で岸田総理大臣の誕生である。さっそく野党は首班指名選挙を阻止するため、「初日に内閣不信任もあるうる」などと観測気球をあげている。ダメだこりゃ。 新しい総理大臣に誰が…

マスコミ大フィーバー?「海の王子」小室圭氏NYから帰る 

小室圭氏が3年ぶりにニューヨークから帰国した。伸ばした髪を後ろで束ね少し痩せたか精悍な顔つきになっている。眉毛を剃ったようで野暮ったさは消えている。イケメンっぽいといえばイケメンっぽい。パラディ島に帰ってきたエレン・イエーガーのようでもあ…

東京では何者でもなく存在できる

東京に住むようになって20年ほどになる。東京は居心地が良いと思う。ご近所づきあいもあまりないし周りに友達もいない。孤独といえば孤独である。そしてとても楽である。「自由」だと思う。 娘も大きくなってきて手がかからなくなってきた。娘が小中学生だっ…

ラジオはインターネットで復活したのか?

10代の頃からラジオが好きである。家にいるときは何かしらラジオをかけていた。基本音楽を聴きたくて聞いているのでFMを好んでいた。東京FMが多かったな。J-WAVEは今と違い洋楽が中心だった。FM横浜はおしゃれだが距離がありノイズがのるし、天気の悪い日は…

歴史を作るのはマスコミ 半藤一利亡くなる 

半藤一利が亡くなった。昭和史の専門家で多くの著作を持つ。追悼するテレビ番組や書籍が制作されている。 10年くらい前に半藤一利がにテレビ出演していた。それは歴史関連の討論番組だった。その時保守の論客が客観的な歴史的事実をテキパキと話し、当時の日…

女性「蔑視」発言の問題点

森喜朗オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長が「女性を差別したとされる」発言の責任を取り辞任した。その後の人選も難航し混乱の極みである。 当然様々な意見が噴出している。昭和生まれの高齢者は老害だ。新会長は能力関係なく女性がいい。…

またトランプが勝つと予想してみる

アメリカは宇宙人との戦いが劣勢になると、「昔取った杵柄だぜ」と大統領が勝手に戦闘機に乗って飛びたっちゃう国である。 なるほどアメリカ大統領に求められる資質は、アクティブというか行動第一であって、理論をこねくり回して慎重に事を運ぶインテリは嫌…