空転日記

はばかりながら はばかる

世の中あれこれ

元号廃止?キリストの生まれた年が基準でいいの?

平成がまもなく終わり、改元が行われる。元号そのものに対して様々な意見が出ている。共産党の志井和夫委員長も天皇一代に一元号とする元号法の廃止を訴えた。主張はこのようなものだ。 「元号は、時をも君主が支配するとの考えからきている。国民主権の原則…

身代金目的の誘拐事件がなくなった理由

最近「アポ電強盗」と言う犯罪が話題になっている。身内を装って目的の家に電話を掛け情報を聞き出し後日強盗に入るというものだ。 情報収集や強盗の実行犯など複数のグループが連携しているとみられ、大胆な手口からみてもプロの犯罪集団だろうと思う。 こ…

23時を過ぎたら大人の時間にしよう。

若い頃仕事で地方に行った。夜中に宿で酒が切れ、先輩から買ってこいと命令された。しかたなく町中を探し回ったのだが、空いている店はない。そしてやっと見つけたホテルのフロント係に交渉し、厨房の冷蔵庫から瓶ビールを分けてもらった。 今なら地方でもコ…

同性婚を認めるためには憲法改正が必要

民法が同性婚を禁じているのは憲法に反するとして、同性カップル10組が東京、大阪、名古屋の各地裁に提訴した。 日本国憲法第24条には「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなけ…

虐待死事件に関して思うこと

僕は離婚していて娘と2人で暮らしている。いわゆる父子家庭である。そして平和に淡々と日々は過ぎてゆくが、とにかく気楽である。 もちろん夫婦関係が破綻したのでこうなったわけだが、別れた妻はよく家に来るし、娘とも交流している。そして別れてからの方…

怒れよ千葉県民!羽田離着陸新ルート計画について

若い頃は仕事で全国を飛び回っていて、飛行機はよく利用した。西日本から羽田に着陸する便は必ず房総半島上で旋回する。今でもそのルートで着陸する。 そして現在2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、国際線発着回数を増やすため埼玉から都心…

怒れよ千葉県民!手賀沼にディズニーランドがあったら

最近ネットのニュースで知って驚いた。 昭和30年代に千葉県我孫子市の手賀沼を大開発してディズニーランドを誘致する計画があったというのだ。僕は千葉県出身である。千葉の子供達は小学校で社会の副読本「すすむ千葉県」を与えられ千葉の歴史や文化について…

夫婦別姓議論はなぜ盛り上がらない?

日本では民法によって「夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫または妻の氏を称する」と規定されているので、夫婦は同姓を使用する。 これに対し夫婦同姓か別姓かを自由に選べる「選択的夫婦別姓制度」の導入を推進する人たちがいる。民主党政権時に推進…

恵方巻大量廃棄は「食品ロス」の問題なのか?

節分の日は豆まきをして恵方巻を食べる。恵方巻を食べる習慣はいつの間にか全国に広がってしまった。1人1本準備し、恵方を向いて、願い事をしながら最後まで食べる。しかも恵方巻は結構高い。高いものを買わされ不自由な食べ方を強要される。しかも太巻きは…

栗城史多を死に追いやったのは誰だ

NHKスペシャルで放送された「“冒険の共有”栗城史多の見果てぬ夢」を見た。昨年エベレスト登山中に亡くなった登山家のドキュメンタリーである。栗城史多は「単独・無酸素」を売り文句にする登山家で、その登山の過程をSNSなどでライブ中継するというスタイル…

東大安田講堂事件から50年、クソガキはそのままクソジジイに

東大安田講堂事件から50年経つらしい。 報道バラエティ番組を見ていたら、当時安田講堂に立てこもった元学生らが事件を振り返り証言していた。彼ら元クソガキはクソジジイであった。 なぜあんな行動に至ったのかという問いに対し、「権力や権威に立ち向かう…

ハンストをやめさせるのが大人の責任(1/20追記)

元山仁士郎という若者が宜野湾市役所前でハンガーストライキを行なっている。「辺野古」県民投票の会代表という肩書きであるが、大学に在学中でSEALDs琉球の代表である。 ハンストの目的は県民投票に反対する自治体に翻意を促すことだ。県民投票は2月24日に…

もやもやする日本「出身」横綱

進退のかかる初場所で初日から連敗し横綱稀勢の里が苦戦している。僕は相撲にさほど興味はないので勝敗は気にならない。 気になるのは稀勢の里を紹介するとき日本出身横綱と呼ばれる事である。稀勢の里は長くモンゴル勢に独占されている相撲界で、久しぶりに…

太陽光発電パネルの大量廃棄が始まる

太陽光発電の「2019年問題」が迫っている。2009年から開始された電力買取制度から10年が経過し、最初に売電を始めた人の期間が終了となるのである。売電価格はただでさえ下がり続けてきた。該当する方々は2019年以降、引き続き売電できるか、価格はどうなる…

サザエさん、もうやめていいんじゃない

なんとなく観てしまうがまったく記憶に残らない。「さーて来週のサザエさんは~」と翌週のタイトルの予告を聞いても次の回まで覚えていないので意味はない。昔からサザエさんを観るのはただの習慣で、決しておもしろいからではなかった。なぜ子供の頃サザエ…

事故を起こさない車を作れ

交通事故はなくならない。飲酒運転からのひき逃げ事件や、高齢者の運転による事故は日常茶飯事である。車がなければ死ななくてすんだ人たちが死んでゆく。 いいかげん自動車メーカーが本腰をいれて対策すべきだ。 まず、運転手の呼吸からアルコールを検知し…

平成は「破壊」の時代であった

平成が終わる。 高校に入学したのが平成元年だったので、その始まりは強く印象に残っている。そして平成を振り返ると、つくづく「破壊」の時代だったと思う。 まずは経済の「破壊」。 高校生の時にバブルが弾け、大学では就職氷河期で、いくつかの大企業はダ…

人権の反対語は道徳だ

「人権」の胡散臭さ

AIは「真空チューブを走る車」

AIなんていらない

人口は減ってよい

人口は減ってよいのでは?

社会から差別はなくならない

電車の中で携帯電話に向かって話している声が聞こえると不快な気分になる、でも人と人との会話が聞こえてきてもあまり不快ではない。夜道でハンズフリー通話をしている人とすれ違うときも少し怖いが、複数の人たちの声ならなんとも思わない。 それはなぜか。…

LGBTについて考える

性の多様化問題

年寄り病院行きすぎ問題

僕は病院に行かない。第一に健康だし「風邪は寝てりゃ治る派」だからということもある。娘も健康である。父子家庭なので医療費は1割負担で済むが、あまり病院に行かないので損した気分ではある。そしてたまに病院に行くと年寄りが多くてびっくりする。 日本…

分身ロボットカフェについて考えた

重度障害者の就労実現のための社会実験として日本財団やオリィ研究所が企画した「分身ロボットカフェ」が期間限定で開店した。筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者などが、自宅からロボットを遠隔操作してカフェ店員となり接客するというものだ。 ロボットを製作…

相撲協会の公益財団法人の認可を取り消しただの格闘技団体にすべし

貴ノ岩暴力事件

変な駅名ってどうよ

山手線の新駅の名称が「高輪ゲートウェイ」に決まり不評を買っているようだ。そりゃ公募で1番多かったのは「高輪」だし落語好きには「芝浜」を支持する声も多かったようだ。そして、公募なんて形だけで最初から決まっていたんでしょ、とみんなにバレているの…

「なんくるないさー」と「具志堅用高」

ウチナータイム 沖縄県民は時間の感覚がいいかげんだと言われる。いわゆるウチナータイムである。時間を守るという意識が薄く行事や集会など時間通りに始まらないことが多い、なんて言われる。沖縄は夜型で酒飲みが多く電車のない車社会だからそうなったと考…