空転日記

はばかりながら はばかる

世の中あれこれ

自然は人間に無関心

九州で豪雨による災害が発生した。あちこちの河川が氾濫し、住宅の浸水被害や土砂崩れが発生した。場所によっては壊滅的被害となっている。 最近の自然災害は大都市圏では起こりにくく地方で多発している。つまり人間の手が入ったエリアと自然のエリアの「境…

小劇場の思い出

高校生から大学生にかけて小劇場演劇にはまっていたことがある。 80年代は消防法もうるさくなく、小劇場では狭い桟敷席にすし詰めにされ、大入りだと通路にまで客を座らせていた。今ならアウトであるが、しかしそういう熱気が好きであった。 新宿といえは紀…

ウィズコロナに期待してみる

非常事態宣言、東京アラートも解除された。日本のコロナ禍はいったんは収束したと思われる。しかしこれから感染拡大が起きる可能性も十分にある訳で、生活や文化においうて新しい常識とやらが現れる。ウィズコロナというヤツである。 たとえばテレビはリモー…

わかりやすい社会の敵に

コロナ禍による非常事態宣言が解除され、やっと社会生活が正常化への一歩を踏み出した。まだまだ感染拡大の危険性はあるものの。 今回の騒動で大きく評判を落とした業界の一つがパチンコ業界である。営業自粛が求められる中、朝から開店を待つ行列は、ワイド…

アニメの世界かここは

北朝鮮と韓国の関係がおかしくなってきた。 あ、いつもおかしいので普通というか。 北朝鮮が開城の南北共同連絡事務所を爆破した。爆破は金正恩の側近である金与正によって予告されていて、これにより韓国と北朝鮮の関係は20年前に戻ったと伝えられる。少し…

人種差別について

日本において新型コロナウイルス感染が落ち着いてきたら、アメリカで黒人差別反対運動が盛り上がり、それが世界に波及してきた。 アメリカのミネアポリス郊外で黒人男性ジョージ・フロイドが警察官の乱暴な拘束によって死亡した事件からはじまり、全米各地で…

演劇は死ぬのか?

演劇業界の危機 新型コロナウイルス拡大防止のため、演劇など劇場公演の自粛が求められ、それに呼応して野田秀樹氏が「演劇の死」という言葉を使い、公演の継続を訴えた。 反響は大きく、勇気付けられた演劇関係者は公演の続行を決断し、それに反発する意見…

新型コロナがもたらす大転換

新型コロナがもたらすものは それにしても新型コロナウイルスの影響はすさまじい。 僕の仕事も大変な影響を受けた。受注していた事業はすべてキャンセルとなり、4月からほぼ在宅ワークとなった。幸いサラリーマンで委託先から複数年で契約しているため多少の…

反権力を気取りながら税金にたかる人々

以前、是枝裕和監督が「万引き家族」でパルムドールを受賞したあと、文化庁の助成金を貰っていたことを認めながら「公権力とは距離を保つ」と発言し賛否を巻き起こした。 しかし是枝作品は表現の自由を追求しタブーに挑むようなものではないし、福山雅治を主…

いだてん~スポーツと政治~

NHK大河ドラマ「いだてん」を見続けている。 しかし視聴率が振るわないようだ。原因は俳優陣の舞台劇のようなコミカルでドタバタした演技である。加えて語り部である「落語パート」が素人芸の域を出ず、落ち着いて見られる部分が少ない。これではお年寄りは…

千葉の大停電 あきらかに人災

台風15号は千葉県で大量の倒木を発生させ、大停電を引き起こした。 いまだに復旧していない地域はまったくお気の毒である。電気がないという状況が長引くとこんなに悲惨な状況になるのかとあらためて思う。軽い気持ちで「たかが電気」などとはいえない。生活…

正体見たり?高野連

日韓関係が悪化している。テレビをつけるとワイドショーが騒がしい。曰く、日韓が互いに罵りあい、経済や文化交流、そしてスポーツまで影響がでていると。 なるほど反日を国家運営の原動力にしている韓国では、ろうそく持って、デモをしたり、日本製品の不買…

がんばれ金髪津田野郎! 日本のために

津田大介という大学の教員がいる。ジャーナリストでもあるらしい。大学の教員に資格はいらない。そしてジャーナリストと名乗るのは「表現の自由」である。 ちらほらとテレビやラジオに出演している。以前は「メディアアクティビスト」というなんだかよくわか…

子供は誰の物?

子供は地域の物か社会の物か? あるいは国家の物か? 声を大にして言う。子供は親の物である。 もちろん子供が未熟な間の話ではある。 きちんと社会性を身につけて大人になった、あるいは大人になろうとしているのなら、親の物ではない。社会の中で自分がど…

闇営業?本業でしょ!

吉本芸人が嫌いである。 いつもしかめっ面をしていてガラも悪く愛想もない。TVで大勢見かけるが好感を持てる人は少ない。 職業に貴賎なしというのは嘘であり、芸人は賎業である。興行というものは反社会的勢力との関わりが深い。ヤクザとの付き合いは必須で…

#Kutoo?女の敵は女

またおかしな報道である。 国会で「#Kutoo」運動についての質問する尾辻かな子議員と根本厚生労働相とのやり取りである。 根本厚生労働相は「社会通念に照らして業務上必要かつ相当な範囲かと思います」と述べたとされ、職場の女性に対するハイヒールやパン…

言論の自由なんてない

ドイツでは言論や思想の自由はない。 「民衆扇動罪」により、ホロコーストを否認したり、ナチスを礼賛したりすると犯罪となる。そのような行動は民主主義を否定することとされ刑事罰が課せられるわけだ。 指をそろえて手をまっすぐ上げて挙手すると「ナチス…

10歳のYouTuber

沖縄の10歳のYouTuberが話題である。 「少年革命家」を名乗り自由を求めて学校に通わない選択をしたという。「少年革命家」というのはなかなかインパクトがある。「ホームレス中学生」くらいには。大人になって革命家を名乗っていたらただのバカだか、子供な…

コスプレ〜地球の危機〜

勤め先への最寄り駅を降りると大きな荷物を持った若者でごった返していた。近隣施設でコスプレイベントがあるらしい。 昼時に外に出た。するとコスプレイヤーが外の公園にも出没し、カメラを手にした撮影者がそれぞれに行列を作って順番を待っている。すんご…

下級国民の4月

久しぶりのブログ更新である。 職場が異動となり、3月の終わりから4月にかけて多忙を極め、ブログを書く余裕はなかったのである。やっと仕事も落ち着き、一息つくことができた。 新元号が発表されたが、落ち着いて情報にふれることもできず、統一地方選挙に…

なぜ眼鏡に保険は適用されない?そしてパリミキありがとう

近眼だったので小学2年生から眼鏡を使用している。 視力はどんどん悪くなり、高学年になる頃には牛乳瓶の底のようなレンズになった。細い銀縁フレームだったのでレンズの厚みが目立ちコンプレックスとなった。 毎年行われる視力検査で近視が進み、そのつど知…

元号廃止?キリストの生まれた年が基準でいいの?

平成がまもなく終わり、改元が行われる。元号そのものに対して様々な意見が出ている。共産党の志井和夫委員長も天皇一代に一元号とする元号法の廃止を訴えた。主張はこのようなものだ。 「元号は、時をも君主が支配するとの考えからきている。国民主権の原則…

身代金目的の誘拐事件がなくなった理由

最近「アポ電強盗」と言う犯罪が話題になっている。身内を装って目的の家に電話を掛け情報を聞き出し後日強盗に入るというものだ。 情報収集や強盗の実行犯など複数のグループが連携しているとみられ、大胆な手口からみてもプロの犯罪集団だろうと思う。 こ…

23時を過ぎたら大人の時間にしよう。

若い頃仕事で地方に行った。夜中に宿で酒が切れ、先輩から買ってこいと命令された。しかたなく町中を探し回ったのだが、空いている店はない。そしてやっと見つけたホテルのフロント係に交渉し、厨房の冷蔵庫から瓶ビールを分けてもらった。 今なら地方でもコ…

同性婚を認めるためには憲法改正が必要

民法が同性婚を禁じているのは憲法に反するとして、同性カップル10組が東京、大阪、名古屋の各地裁に提訴した。 日本国憲法第24条には「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなけ…

野田市女児虐待死事件に関して思うこと

僕は離婚していて娘と2人で暮らしている。いわゆる父子家庭である。そして平和に淡々と日々は過ぎてゆき、とにかく気楽である。 もちろん夫婦関係が破綻したのでこうなったわけだが、別れた妻はよく家に来るし、娘とも交流している。そして別れてからの方が…

怒れよ千葉県民!羽田離着陸新ルート計画について

若い頃は仕事で全国を飛び回っていて、飛行機はよく利用した。西日本から羽田に着陸する便は必ず房総半島上で旋回する。今でもそのルートで着陸する。 そして現在2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、国際線発着回数を増やすため埼玉から都心…

怒れよ千葉県民!手賀沼にディズニーランドがあったら

最近ネットのニュースで知って驚いた。昭和30年代に千葉県我孫子市の手賀沼を大開発してディズニーランドを誘致する計画があったというのだ。 僕は千葉県出身である。千葉の子供達は小学校で社会の副読本「すすむ千葉県」を与えられ千葉の歴史や文化について…

夫婦別姓議論はなぜ盛り上がらない?

日本では民法によって「夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫または妻の氏を称する」と規定されているので、夫婦は同姓を使用する。 これに対し夫婦同姓か別姓かを自由に選べる「選択的夫婦別姓制度」の導入を推進する人たちがいる。民主党政権時に推進…

恵方巻大量廃棄は「食品ロス」の問題なのか?

節分の日は豆まきをして恵方巻を食べる。 恵方巻を食べる習慣はいつの間にか全国に広がってしまった。 1人1本準備し、恵方を向いて、願い事をしながら最後まで一気に食べる。そして恵方巻は結構高い。高いものを買わされ不自由な食べ方を強要される。しかも…