射手座の魂

はばかりながら はばかる 虚言・妄言・独り言を少々たしなみます

新聞

谷賢一事件は演劇業界を浄化するキッカケになるか

気鋭の劇作家・演出家として知られていた谷賢一氏がパワハラ、セクハラ、強姦の疑いをかけられ表舞台から消えた。プロフィールで「演劇悪魔」と自称していた自身のツイッターも更新が止んだ。 谷氏の才能を高く評価し、その「福島三部作」の岸田戯曲賞受賞に…

演劇人に税金をやるな

コロナ禍以降世の中から疎まれることが増えた演劇業界で事件である。 気鋭の演出家谷賢一が主催する劇団の俳優に対しセクハラ・パワハラを恒常的行なっていることが明るみになった。ハラスメントを受けていた女優からの提訴を受け、谷賢一はネット上で反論し…

ひろゆきが暴いた左翼の反民主主義

2ちゃんねるの創設者にして最近ではご意見番として活動している「ひろゆき」こと西村博之氏が投じたツイートが沖縄基地問題に一石を投じている。 ひろゆきは辺野古新基地の建設現場で写真とともに「座り込み抗議が誰も居なかったので、0日にした方がよくない…

タワマン住民は覗き魔か 朝日新聞の偏見

大量のコンクリートを使用するダムのような建築物は環境破壊の象徴として嫌われる傾向がある。最近あちこちに建築されるタワーマンションも同様である。タワーマンションの建築計画が発せられると、どこからともなく請負人のような輩が現れ、地域住民を巻き…

安倍元総理の死がもたらしたもの

衝撃の安倍元総理銃撃殺害事件から2ヶ月以上が過ぎ、国葬が執り行われた。国葬への賛否をめぐり日本は分断されたというが、元々あった分断がはっきり可視化されたに過ぎず、なにも変わってはいない。 国葬にあたりいくつか反対デモが行われたが、みな労働組…

朝日新聞はルビコン川を渡った

足立正生という映画監督が映画を作った。その映画「Revolution +1」は安倍元総理の国葬に合わせて上映が計画されている。安倍元総理を殺害した山上徹也を主人公としているという。足立正生という男は元日本赤軍であり、パレスチナ解放戦線にゲリラとして参加…

共闘したら共倒したでござる

衆院選が終わった。「自民党は議席を減らす。野党共闘は一定の効果を見せ立憲民主党は議席を伸ばす。自民党が単独過半数を取れなければ岸田降ろしが始まる可能性もある」というのが選挙前のマスコミの予想。結果は予想に反し、自民党は議席は減らしたが単独…

金儲けのための反体制だったのだが……

木下富美子都議が7月に無免許運転で人身事故を起こし、その後所属する都民ファーストの会を除名処分となった。都議会で辞職勧告決議案も可決されたが、本人は雲隠れし議会にも顔を出さない。 その事故も異様である。交差点で右折表示が出ているのに木下都議…

広島では普通じゃけん?

元法務大臣の河井克行とその妻案里が公選法違反の疑いで逮捕された。 参院選の前後に94人に計約2570万円を渡した疑いである。目的は票の取りまとめや陣中見舞いなどの名目とされる。これはあかんヤツで逮捕は当然である、が。 もらった側はどうなるのだろう…

「しゅうきんぺー」でよいアルヨ

米中の経済対立が長期化し、もはや泥沼の経済戦争となってきた。アメリカは中国からの輸入品に高い関税をかけ、中国もやり返し、交渉は暗礁に乗り上げている。米中二国間の問題が世界経済に大きな影響を与え、軍事的な衝突にまでいくのではなどと言う人もい…

もはや朝日新聞はイエローペーパーだ!アカだけど

競泳の池江璃花子選手が白血病にかかっていることを告白した。各界から応援や激励のメッセージが聞こえてくる。たくさんの日本記録を保持し、東京オリンピックでの活躍も期待される選手なので衝撃は大きい。 そんな中、桜田五輪相の発言が話題になっている。…

産経新聞の販売網縮小は全国紙の終わりの始まりか

産経新聞が「全国紙」をやめるという。販売網は首都圏と関西圏を残し、地方からは撤退する。他の全国紙にもじわじわ影響するだろう。 そもそも日本の新聞を支える「宅配制度」が特異なものだ。海外では新聞は店に買いに行くもので、わざわさ家に届けてくれた…