空転日記

はばかりながら はばかる

自動運転といえば…ナイトライダーでしょ

自動運転車の開発が進んでいる。ニュースではよく実証実験の様子が放送されている。本当にそんなものが道を走るのだろうか。不安だらけだ。

人間が運転するより正確かもしれないが、死角から飛び出してくる子供の自転車なんか避けられない。他にもお年寄りが突然車道側に倒れてくるかもしれないし、うちのあたりなんか夜中にタヌキが走り回っていて、そんなのも轢いてしまう。

しかも自動運転がアタリマエになると、乗車する人間のモラルが低下する。事故を起こしてもメーカーの責任だし。そもそも交通法規を知る必要もなくなる。無免許運転でも安心だ。おまけに高齢者でも乗れるはずなので、そのうち徘徊老人を乗せた自動運転車が安全運転で徘徊するようになる。いいのか悪いのか、わからなくなってきた。

 昔大好きだったナイトライダーのK.I.T.Tみたいに優秀ならいいんだけど、まだAIはそんなに頭良くないと思う。近所の外食チェーン店でペッパー君が接客してるけど、胸のタブレットだけですむんじゃね、本人バカじゃね、としか思えない。良い子のみんなにもそう思われバカにされている。かわいそうだが本人は気づいてないようだ。バカだから。

自動運転の導入は時期尚早だとおもう。絶対に事故はおきるのだから、運転だけ自動では足りない。事故が起きたときの負傷者の救護、警察への連絡、示談交渉、保険会社への連絡、被害者へのお見舞い、お見舞い品の選定、運搬、手渡しなど、これくらいはせめて自動でやってほしい。ナイト2000ならやってくれる。たぶん。