空転日記

はばかりながら はばかる

NHK受信料の断り方 だれが払うかそんな金

NHK受信料は払っていない。

払わない人たちには色々な理由があるようである。

公共放送のくせに左に偏向して、まったく反体制だとか、政府宣伝機関に成り下がり、すっかり体制側だとか、民放と変わらず、お笑い芸人ばかりのバラエティやってるとか、「Songs」に大泉洋はいらないとか。

僕が払わない理由はそんな高尚なものではない。単に金がもったいないからである。タダで見られるのに払うことはない。タダ見されたくないなら遠慮なくスクランブルをおかけなさい。僕に忖度は不要である。それに民間ができるのに潤沢な予算を持つ天下のNHKにできないわけがない。

液晶テレビを買ったとき、戯れにHDMIケーブルでパソコンと繋いでみた。おおパソコン画面が写るぞ。動画なんかは画面の大きいテレビで見たほうが良さそうである。ワイヤレスのキーボードとマウスを買えば、少し離れたダイニングテーブルで食事をしながら、ネットサーフィン(死語)ができるじゃないか(いまだにしたことはない)。

そうか、このテレビはPCモニターとして使用するために購入したのだ!後から気がついた。

放送法64条1項にはこうある。

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備を設置した者については、この限りでない

うちのテレビはPCモニターとして設置しているので、放送の受信を目的としていない。ゆえに受信料を払う必要はない。スマートフォンもテレビは受信できない。

そのような解釈が成り立つのでNHKの集金人が来るとドアホンで「うちは(NHKの受信を目的とした)テレビはありませんので払う必要はありません」と言ってお帰りいただいていた。だってPCモニターだもん。ちゃんと写るか、たまにチェックしているし。そしてドアホンありがとう。

しかし事態は変わった。NHKのすべての番組をインターネットで同時配信することを認める「放送法改正案」が閣議決定したので、いずれインターネットに接続できる機器を所有していると受信料支払い義務が発生する可能性が高いとのことだ。

これはまずい。集金人が来たときにパソコンもスマートフォンも持っていないとはさすがに言えない。ついに受信料支払いを前向きに考えるべき時は来たり。

しかし事はそう簡単ではない。集金人が来たときには「今忙しいので、契約はNHKのホームページから手続きする」といってお帰りいただくしかない。家にいるときはいつでも忙しいのだ。暇なときも暇であることに忙しい。契約はかなり先になるかもしれないが、払いたいという気持ちは集金人に伝わるもの思う。