空転日記

「はばかりながら はばかる」 ぢっと手を見る

子供を作らないのは国のせい?

小学生のころ「ドーナツ化現象」という言葉を学んだ。
都市化が進み都市の外周に人口が集中して人口の分布図がドーナツのようになる現象である。郊外にベットタウンができて、人口はどんどん増えてドーナツは大きくなり、通勤時間はより長くなるだろうと言われていた。

ところがどっこい今の日本は少子化である。予測は大はずれである。

80年代に立てられていた予測は結構外れている。人口爆発は起きていないし、石油はなくならないし、車は空を飛ばないし、道路はチューブになっていない。

一昔前にDINKSなる言葉が流行った。ダブル・インカム・ノー・キッズという意味である。結婚しても子供を作らず共働きで稼ぎ、豊かでお洒落な生活を楽しもうというライフスタイル。

ナウなヤングにとって子育てはダサかったのである。その頃は近い将来、少子化が問題になるなんて考えもしなかったに違いない。無責任なものだ。

さて現在はどうか。子供欲しい派いらない派ではっきりと二極化しているように見える。

子供欲しい派は仕事と子育てを両立できることを「リア充」とみなして憧れている。

知り合いの女性は「結婚したい。子供欲しい」が口癖で、婚活サイトに登録しついには婚活シェアハウスに入居した。それにしても、婚活シェアハウス、すごいパワーワードである

いらない派の理由は、子供にはお金がかかる、結婚が面倒くさい、などのネガティブな理由ばかりではないだろう。

1人が楽しいのである。スマートフォン略せばスマフォにエンタメが詰まっているから。お色気エロエロ動画だって見放題である。わざわざ出会いを求めたりしなくても「リア充」なんである。

そもそも国に子供作りなさいと言われて「ハイわかりました」となるわけない。

政府が少子化対策しても、なーんも変わらない。そもそも産めよ増やせよって戦時中かい!